So-net無料ブログ作成
検索選択

ZUCCA×ZUCA [コメディ]


ZUCCA×ZUCA(1) (モーニングKCDX)

ZUCCA×ZUCA(1) (モーニングKCDX)

  • 作者: はるな 檸檬
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/07/22
  • メディア: コミック


「宝塚…観ればいいのにね…」
「うん…」
「…死んでもヒマとか言えなくなるのにね…」


日本が誇る女性演劇集団・宝塚歌劇団。
宝塚歌劇にハマる人たちのことを「ヅカファン」と呼ぶそうです。
AKB、テニミュ、ジャニーズにハマる人たちと同様に、
ヅカファンはあらゆる時間とお金を注ぎ込んで観劇し、応援し、それが毎日の活力になる。
地方公演まで追っかけるために倹約を自らに課す姿は、傍から見ればストイックにも映るけれど
しかし本人はそれが苦痛ではなく、むしろ大きな悦びとなる。
寝ても醒めても宝塚。宝塚命!
そんなヅカファンの頭ん中が面白いマンガをご紹介します。

モーニングMANGA.COMにて連載。
著者のはるな檸檬さんは、「海月姫」「ママはテンパリスト」「主に泣いてます」などで人気となった
東村アキコさんのアシスタント出身の新人漫画家さんだそうです。
東村さんの仕事場で宝塚歌劇のDVDを観て感激してヅカファンになり、
その後一旦は普通の派遣の事務になりますが、契約期間満了と共に漫画を描くことを決め、
師匠である東村さんのアドバイスを貰いながら、自分にとっての武器となる
ヅカファンの漫画を描くに至ったのだそうです。
作中にはヅカファンの女子高生から主婦からOLなど、様々な立ち位置の女性達が出てきますが、
その心の機微は昔ハマったモノといえばアニメ(→アニメグッズ→同人誌)くらいで
アイドルオタク的な趣味は持ったことの無い私にとっても、なぜか共感できる部分が多々あり、
かといえば全く宝塚とは関係の無い日常の場面で宝塚ワードが聞こえてくると強烈に反応するなどの
独特のぶっ飛んだ思考に思わず噴出したりしてしまうのです。

img321.jpg

体裁はカラーでエッセイ風のあっさりした絵柄。
4コマだったり5コマだったり、2列8コマだったり決まっていませんが、1ページ1ネタが描かれています。
とにかく出てくるヅカファンたちは誰も彼もが宝塚のことしか頭に無いような人たちで、
S席で1回7000円する観劇に月に何回も通い、地方の巡業も追っかけていき、
DVDや情報誌の購入はもちろん、タカラジェンヌのスターを囲んで歓談をする「お茶会」が
開かれるともなれば、その日のために気合いの入りまくった服装で臨むなど
常に財布に入っているのはお金じゃなくてチケットの半券、という状態。
それでも彼女たちはとっても幸せそうなんですよ。
常に「おかねがな~い」と嘆きながら公演予定やグッズの発売日がびっしり書き込まれた
スケジュール帳を持ち歩き、日がな1日宝塚のDVDを観て情報誌を眺めていれば軽く日が暮れる。
観劇にお茶会にヅカ友達とのやり取りとお金に加えて「時間もな~い」という状態。
いぶかる彼氏を誤魔化し誤魔化しいつの間にか東京から関西の宝塚に「遠征」してたりして、
まるで息を吸って吐くがごとく中心に宝塚がある生活。
いやあパワフルなんですよ(;´▽`A``
もう小島アジコさんの描く801ちゃんみたいに。

img322.jpg

ヅカファン同士で突如始まる、劇中のセリフの応酬で盛り上がったりする様子なんかは
アニメやマンガのファン同士でもよくある光景で、適度な用語解説が幕間に掲載されてもいるので
全くの門外漢である男性でもやたら共感できるんじゃないかなあと思います。


最新分数話が観られます → モーニングMANGA.COM
1話おためし → モーニングHP
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ