So-net無料ブログ作成
検索選択

百合男子 [コメディ]


百合男子 1巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)

百合男子 1巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)

  • 作者: 倉田 嘘
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2011/08/18
  • メディア: コミック


我思う、ゆえに百合あり。

「ごきげんよう」
「ごきげんよう」
さわやかな朝の挨拶が、澄みきった青空にこだまする。
マリア様のお庭に集う乙女たちが、今日も天使のような無垢な笑顔で、背の高い門をくぐり抜けていく。
けがれを知らない心身を包むのは、深い色の制服。
スカートのブリーツは乱さないように、白いセーラーカラーは翻らせないように、ゆっくりと歩くのがここでのたしなみ。もちろん、遅刻ギリギリで走り去るなどといった、はしたない生徒など存在していようはずもない…

私が百合ジャンルの作品に初めて触れたのは、このあまりに有名な序文から始まる「マリア様がみてる」でした。
コバルト文庫という女の子向けレーベルのライトノベルで、楚々とした少女達が分も教養もわきまえた「ご令嬢」として振舞う一方で、スールという慣習を通して密かに互いの胸に秘めた想いを通わせる傑作。
「タイが曲がっていてよ」
なんて美しい祥子様のただそれだけの邂逅でむさくるしい野郎がゴロゴロと萌え転がりながら「こんな世界があったとは…!」と衝撃を受けたものです。
今回ご紹介するのは、そんな男子禁制の乙女の園にただならぬ強い憧れとこだわりを持ち、「百合道」を究めんとするとある男子の葛藤の物語をご紹介いたします。

コミック百合姫にて連載。
待ちに待った発売日。お目当ての雑誌を片手に、いそいそと家に駆け帰る男・花寺啓介。
彼の部屋のベッドの下には定番のエロ男子向け成人雑誌が並ぶ。
だがしかし、更にその奥の奥に秘めた真に秘密のスペースにズラリと並ぶその雑誌こそ… 「コミック百合姫」!
そう、彼の真の姿は百合を心の底から愛する男子、百合男子だったのだ―!
これはそんな男子禁制の乙女の園を垣間見る背徳感に打ち震え、だからこそ見たい!その美しき絆に乙女のように胸ときめかせたい!と願うとある男子が、クラスメートの百合っぽい女子に萌えたり、思い込みの勘違いで手酷いメに遭ったり、初めてできた同士から「救世主」扱いされたりする暴走・妄想物語である…!

img408.jpg

マンガって著者さんの性格や嗜好が如実に表れるものですよね。
このマンガの主人公である啓介君は、まさに著者の倉田さんのキャラクターを多く反映したキャラクターなのだなとあとがきマンガなどを拝見して思いました。
初の単行本で自分の中の百合的妄想を出し切り、空っぽになって行き詰っていたところへ編集長に「その苦悩する様や、百合へのこだわりを描いてみたら?」と言われてできた作品だそうで、だから百合ジャンルを(嗜む程度ではありますが)好む男子に、彼の懊悩が、高揚がなにかいちいち突き刺さってくるんです。

そんな百合好きの啓介は、同じ高校の清楚かつおしゃれ、細かなところまで気がつく非の打ちどころのないクラスメートの藤ヶ谷沙織に憧れる男子。しかし通常ならば自分の彼女に…という方向に行くべきものが、彼の脳では「他の女の子とくっつけばいいのに」と思っちゃうほどの百合脳。
ある日、転校生として現われた宮鳥茜が沙織と中学の頃同じ学校でちょっと百合的なほどに仲が良い関係だったことが判ってから彼の百合脳はとんでもないことに…!傍目にも明らかに茜は沙織を連れまわし、二人きりの場所でいちゃいちゃお弁当タイムを過ごすなど、二人をストーキングしまくる啓介…!(;´▽`A``
しかしある時彼はハタと気づいてしまうのです。
今、この素晴らしき二人の百合世界に不要なものがある、それはっ―!
百合に傾倒するあまり自己矛盾に陥っていく啓介。
真摯過ぎるぅ (きゅううん…!)

img409.jpg

その他にもこの二人のカップルの様子を眺める第3の女をみつけ出し啓介の妄想が暴走するお話や、百合好き同士が集まる同人誌即売会での濃い面々との出会いなど、真摯で真っ直ぐ、だからこそ笑ってしまうお話が次々出てきます。
啓介がキメの言葉で繰り出す名言・珍言もみどころでございますよ。
最初のところでお話した作者の倉田さんと編集長の対談によるこのマンガができるまでのお話は、拝見するとああこの二人を確かに足したらこういうキャラになるわ…とわかるような濃いい人となりが判って面白いですし、何より個人的に衝撃的だったのがこのマンガのカバー、実はリバーシブルになっておりまして裏が…


倉田嘘さんのblog → GAREX online
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ