So-net無料ブログ作成

伊藤潤二の猫日記 よん&むー [ハートフル]


伊藤潤二の猫日記 よん&むー (ワイドKC)

伊藤潤二の猫日記 よん&むー (ワイドKC)

  • 作者: 伊藤 潤二
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/03/13
  • メディア: コミック


チュッチュしろ!! さあ俺にもチュッチュしろ

伊藤潤二。職業・ホラー漫画家
本日はホラー漫画家による猫エッセイ漫画という、実に異色な猫マンガをご紹介します。
伊藤潤二さんといえば、過去こちらで渦巻きに町全体が侵食されていく狂気を描いたホラーマンガ
「うずまき」をご紹介しましたが、その陰うつな絵柄はそのままに、新居の一戸建てに引越しをした機会に
2匹の猫を迎えた夫婦の猫萌えライフが描かれています。
…どうですか、想像つきますか?
ホラーの絵柄で萌え漫画… これが通常の可愛らしい猫漫画とは一味違って面白いんです。

img626.jpg
マガジンZで連載。全1巻。

新居に引っ越したホラー漫画家のJ氏とその婚約者A子。
話はA子さんが実家で飼っている猫・「よん」を新居に呼び寄せることから始まります。
犬派か猫派かと言われればハムスター派犬派のJ氏は、
以前妻の実家で見た白黒の仔牛柄で模様が「呪い顔」と形容される「よん」に恐怖しますが、
実際家に迎えてみると、顔つきこそ怖いものの意外に普通…いやむしろ、新しい環境に来て
ぐったりして弱っている姿や、赤ちゃんのように妻の指に吸い付く姿の愛らしさに
すっかり心を奪われるのです。
A子さんが「よんの遊び相手に」と売れ残りだったふわっふわした長毛種の「むー」を新たに迎え、
二人と二匹の日々の生活が描かれます。

「首吊り気球」や「ヒトマイマイ」など、ホラーの中にちょっとしたブラックユーモアを織り交ぜる
作風の伊藤潤二さんは、猫萌え漫画だからといっていきなり絵柄をポップな萌え絵にはしません。
最初は「よん」の呪い顔や、猫の動きに警戒をしていたJ氏も、すっかり猫の愛らしさの虜になって
猫の扱いに長け、二匹がA子さんに懐いている状況に嫉妬して「くやしい~~~」と
歯軋りしたり、辛抱たまらず猫にすりすりしちゃう姿を血走った目で描いたり、
J氏よりも猫に好かれる優越感でニヤリと笑うA子さんをほぼ全編白目で描くなど、
ホラー絵でコメディ的なものを描くと妙な迫力があって、楳図かずおさんの「まことちゃん」と同様の
ブラックなテイストが付加されて独特のコメディになるんです。

img628.jpg
猫の描写でもいいなあと思えたのは、基本無表情な猫が無表情な中で
漫符をあまり使わずに意志が読み取れるような描き方をしているところでしょうか。
特に猫を飼っている方であればよく判ると思うのですが、目つきや視線の方向、
挙動で猫が「なんか考えてる感」を出すのが非常にリアルだなあと。
何気ない動作って、見ると「そうそう!」と思えるんですけど、
描き手はそれをきちんと認識して意図的に描く必要がありますので
このあたりの観察が凄いなあと思います。

マイペースな猫の愛らしさにすっかり振り回されているJ氏のドタバタっぷりが面白い本作。
異色の猫マンガとしてお薦めです!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ