So-net無料ブログ作成
検索選択

ついった! -4コマで楽しむとなりのTwitter- [コメディ]


ついった! -4コマで楽しむとなりのTwitter- (マジキューコミックス)

ついった! -4コマで楽しむとなりのTwitter- (マジキューコミックス)

  • 作者: ついった!クラスタ
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2010/09/25
  • メディア: コミック


「ついったーって何ができるの?」
「えーとフォローしてる人のつぶやきが見れたり… …だけ…かな?」
「えーー!有名人と会えたりオフ会で出会いまくったり
 無気力な若者が大量生産されたり日本が滅んだりしないの?」
「それ どこ情報?」


Twitter それは140文字が織り成す小宇宙―
…えー
今回は本屋さんで見かけて表紙買いしたこの本をご紹介します。
本書はこのブログでも無くてはならない情報源として利用している「Twitter」の…
解説本というか、紹介本です。
「となりの801ちゃん」などで人気の、小島アジコさんの4コママンガが掲載されている
ということで拝見してみましたのでご紹介します!

「Twitter4コマはじめました。なう。」
帯にそのような文句が書かれ、表紙も背表紙も「小島アジコ」さんのお名前が。
801ちゃん以外の小島さんのマンガを拝見するのは初めてで、ワクワクしながら中身を見てみると…
あれ?
確かに4コマはあるのですが、見開き2ページに1本で、あとはテキスト。
表紙をもう一度よく見てみると…ちっちゃく「著・編/川村和弘、ついった!クラスタ」の文字が…
まず小島さんのお名前で興味を引かれた方にお知らせします。
メインは川村さんという方々のテキストです(;´▽`A``
小島さんの4コマは、小見出しにまつわる枕的な扱いです。
うわー うーん ……しょうがないなー こ~いつぅ~(;´▽`A``
マンガ的なものがメインだと思っていただけに軽くショックを受けてしまいましたが、
とにかく読み進めることにします。

本の構成は
導入編/基礎機能編/エピソード・勘違い編/カルチャー・インタビュー編/
そしておまけのTwitterで使われる用語集となっています。
「Twitterって何?」
というシンプルな内容から始まって、Twitterに備わっている機能の紹介、
そしてそれらをお手軽に使うためのソフトの紹介という情報系のものから、
Twitterで出会う有名botの紹介や、Twitterにハマった人たちが体験する
コメディのような「あるある」ネタ、そして最後にはTwitterで有名になったお店や、
Twitterと連携して絶大な人気を誇る情報系サイトを運営している管理人の方への
インタビューなど、実に広く浅く、Twitterの面白さと有用性、そして注意すべき点などを
紹介した内容になっています。

個人的に面白かったネタとしては、Twitterで他人に自分の呟きを読みたい、
と登録された「フォロワー数」の比べあいで一喜一憂するあたりは好きかな。
リアルな友人にバレないように、フォロー数の少ないアカウントを別に持つ女の子が、
本当は人気の情報サイトを運営していて、万を超えるフォロワーがいることを
ちょっとした優越感も手伝って告白しちゃおうとするのだけれど、いつもタイミング悪く
それが叶わないネタとか好きですね~。
その辺頓着しない方もいらっしゃいますが、私は結構さびしがりなんで、
ぶっちゃけフォロワーの方が減れば悲しくなるし、フォローしてくださる方が増えると
毎回小躍りしているので、正に「うわーなんか分かるわー」て感じなんですよね。

img511.jpg
全体を通して読んだ感想としては、これは全く知らない人向けというよりは、
始めて間もない方や、私のようにあまり積極的にTwitterの世界を拡げてはいない人向けなのかなと。
まだ導入してない人が手に取ると、用語集の解説も含めてやっぱりTwitter用語が散らばっていて
スムーズに読み進めることは出来ない気はします。
むしろ万が一「Twitterとはなんだろう?」という方がこの本を手に取ったのなら、
この本読む前に 「You!やっちゃいなYO!」という感じです。

あと有用な情報としては、個人的に「リナカフェ」「豚組」「まおゆう」が紹介されていて
どれも知らないものばかりだったのでリナカフェなどは今度行ってみたいなあと思ったりしました。
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」というラノベのアカウントで、同作品への書評を
俺妹のヒロイン達が逆書評する、なんてこともあるそうで面白そう今度見てみるか、
みたいな情報がいくつもあります。
文字は大きめでページ数も少ない本ですが、さらっと読めて小島さんの4コマも付いてこのお値段。
Twitter始めてはみたものの、イマイチ面白さが分からないなあという方にはうってつけかもしれません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ