So-net無料ブログ作成
検索選択

トランスルーセント [青春/自分探し]


トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (MFコミックス)

トランスルーセント 1巻―彼女は半透明 (MFコミックス)

  • 作者: 岡本 一広
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2005/06
  • メディア: コミック


ほら 見てごらん このおねーちゃんはね…ときどき透明になるんだ きれいだろ

「透明病」は謎の多い病気だ。
最初は身体の一部から透明になり、やがて全身にまで及ぶ。
発病の原因も治療の方法もまったくわかっていない。
珍しいけど世間ではけっこう知られている、そんな難病だった…

演劇部に所属する中学2年の白山しずかは、そんな透明病を患う少女だった。
いつ自分の姿が消えてしまうか判らない。
いなくなってしまうわけではないのに、まるで自分の存在が消え失せてしまうような孤独感に
彼女は押し潰されそうになっていた―

「元気?」
部活からの帰り道。
一人正門へと向う並木道でしずかに声をかけたのは、クラスメートの唯見マモルだった。
美術部員でいつもプラモを作ったり、人目もはばからずに奇妙な
ごっこ遊びに夢中になったりするクラスでも少し子供っぽい男の子。
「ねえ唯見くん もし…」
奔放で常に自分の気持ちに正直な彼に、だからだろうか
「…あたしが全部透明になっても あたしの顔忘れないでね」
彼女は少し弱音を吐いた
「… あたぼーよ」
そういって微笑んだ彼の無邪気な笑顔は、不思議としずかを力づけてくれるのだった―

コミックフラッパーにて連載。全5巻。
Twitterでこの漫画をプッシュされていた方がいらしたので読んでみました。
周期的に身体が透明化してしまうという、原因不明の難病に悩む女の子と、
不器用ながらも彼女を支えようと頑張る唯見君。
そして二人を暖かく見守る人々の物語です。

自分の意志とは関係なく、何故か透明になってしまうしずか。
姿が透明でなくても普段引っ込み思案で目立たない彼女は、
多くの人が自分を観てくれる演劇を人一倍愛し、熱心に打ち込んでいました。
しかし本番前になると、決まって彼女は徐々に透明になっていってしまいます。
それがために彼女は常に病に苛まれ、そして姿の消失とともに
自身の存在も消えてしまうような感覚に陥ってしまうのです。
それをプラモ好きなクラスメイト・唯見君が常に明るく、一途にしずかを支えます。
彼女が透明化してしまった箇所にドーランを塗ってあげたり、
孤独感に苛まれ、何度となく他人にその姿を見られるのを拒む彼女に、
唯見君が決してスマートには出来ないけれど、迷い無く体当たりで
その心の壁を打ち破っていく姿がとてもイイ!
「目を閉じれば見えるよ」
と言って完全に透明になってしまったしずかを抱きしめるシーンとか
普段の子供っぽさが嘘のようにキメてくれる唯見君が本当にカッコいいんですよ。

img526.jpgimg527.jpg
二人に関わる周囲の人々も実に魅力的です。
まず何と言っても二人のクラスメイトでもあり、輝くばかりの美貌に
いつも周囲から注目されてしまう大河内さん。
彼女はしずかの真逆の存在として、だからこそ互いの苦しみを理解しあった後には
何かにつけて二人を陰ながら支える人として活躍します。
意地っ張りで誰よりも友達思いな彼女が、巻の後半に強く結びついた二人に
人知れず苦しむ姿とか、もう可愛すぎて可愛すぎてたまりません。

そして唯見くんとしずかのモデルケースとして出てくる
完全に姿が透明になってしまった恵子さんと、彼女を愛する光一さん。
いつ透明化するか判らないしずかに、しかし誰よりも一途に劇に打ち込む彼女を信じて
役から外すことをしない演劇部の面々。
有効な治療法を提示できない自分の無力さを自覚しながらも、
常にしずかをパワフルに励まし続けるちょっとえっちな女医の高沢センセイ。
もう周囲に出てくる様々な人たちが寄ってたかって二人を応援する姿がいいんですよ~

自分の姿が消えてしまったら彼は、表情も見えない不気味な私から
離れていってしまうかもしれない。そんな恐怖と自分のコンプレックスを悟られまいと
好きなのに近づくことを避けてしまうしずか。
そんな彼女の心の壁を何度と無く打ち破ってくれる唯見君。
これでもか!これでもか!と繰り返されるこの物語には心動かされずにいられません。
お薦めですよ!


岡本一広さんのblog → プラモの箱あけしめ
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 2

サワダシニャ

トライスルーセント懐かしいなあ!
すごい好きでした。
でも最後どうなったのか覚えてない…。
by サワダシニャ (2010-10-05 09:08) 

meriesan

これを機会に是非読み返しましょうよ!ヽ(‘ ∇‘ )ノ
最初のシチュエーションに戻るラストは ぐっと来ましたよー
by meriesan (2010-10-06 01:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
ブログパーツ