So-net無料ブログ作成
検索選択

空の下屋根の中 [青春/自分探し]


空の下屋根の中 (1) (まんがタイムKRコミックス)

空の下屋根の中 (1) (まんがタイムKRコミックス)

  • 作者: 双見 酔
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2009/07/27
  • メディア: コミック


…よしっ 頑張ろっ!
   明日から…!!!


高校を卒業して大学に行くでもなく 就職するでもなく
特にやりたいことのない私は
世間でいうところの ニートになりました―

まんがタイムきららキャラットにて連載
以前から ちらっ ちらっと気になっていたマンガで今回思い切って購入してみました

高校を卒業したはいいけれど 進学も就職もせず
なんとなくニートになってしまった少女を描いた4コマ
私も短期間ですがニートになったことがありまして
この4コマはかなり感情移入して読めました
就職難のため 心ならずもニートになってしまっている方は別として
「なんとなく」でニートになった ご経験をされた(今現在されている)方は
共感できるのではないでしょうか

ニートを扱ったマンガといえば ぱっと思いつく範囲で
「カジテツ王子」「俺はまだ本気出してないだけ」「ラブやん」
「THE 3名様」 等がありますが このマンガが他と違っていいなと思ったところは
可愛い絵なんですけど ニートになった人が感じる圧迫感
息苦しさがリアルに描かれているところです
「このままじゃダメだ」と思いつつもついつい楽なほうへ流されてしまう自分
同級生が一足早く社会に出て立派に働いている姿を見たときの焦燥感
親に無職であることを責められるのではないかと暗にビクビクしている感
すっかり夜型の生活になってしまい 寝付くのは明け方という生活…

img215.jpg
他のマンガでは それを空元気とか主人公の面白い性格などで
オブラートに包んでしまいますが このマンガはそのあたりを淡々と抉り出していきます
もちろん4コマなのでちゃんとオチがあって
ダメな主人公を笑えるエピソードにはなってるんですけど
絶賛ニート中の人は乾いた笑いが出ちゃうかも

履歴書買いに行ったら満足して1日が過ぎ
履歴書書いたところで力尽きて1日が過ぎ
ハローワーク行ったらとりあえず空気だけ感じて帰ってきたり
母親に半ば強引にコンビニのバイトをやらされるも ガチガチになって
全く何も出来ずに 1日で終了…とか 自分にも似たような経験があって
抱きしめたくなっちゃいます(;´▽`A``

それだけに最後あたりで 彼女が玩具屋さんで
面倒見の良い先輩に出会って バイトが長続きしていくところは若干残念(?)
本人にとっては素晴らしい前進なんですけど
でも 普通の玩具屋さんの店員マンガになってきているので
間もなく発売される2巻では タイトルに相応しい状況になっているか
そこが気になるところではあります
主人公ちゃんには悪いのですが 人見知りのところとか
もう少し おっかなびっくり 社会に踏み出しそうで踏み出せない感を
深堀りして描いて欲しいなあと

しかしニートフルライフを送っている人を描いたリアルな著書として
誰にも薦められる面白いマンガとは言えませんが
私は手元に置いておこうと思っています


双見酔氏のHP → とどかない そら
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ