So-net無料ブログ作成

しょんぼり温泉 [コメディ]


しょんぼり温泉 1 (ジャンプコミックス)

しょんぼり温泉 1 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 小田 扉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2010/12/29
  • メディア: コミック


なんとかしなきゃいけないのよ この温泉街を そして私の生活を!!

ようこそ湯の国「諸掘温泉」へ―
かつてはそれなりに盛況だった観光地。
しかし今ではすっかり客足も遠のき、このご時勢で観光スポットは老朽化、
大人たちはすっかりやる気をなくし、町には次々とシャッターが目立つようになっていく…。

「こういうのを『町心中』っていうのよ」
しっかり者の中学1年生・島守まきは使命感に燃えていた。
「やる気の無い大人がどうにかしようとがんばってる人間まで道連れにしちゃうの。」
一緒に堤防で釣りをしていたタカ坊は、熱の入った彼女の長広舌に少し困惑した表情を浮かべる。
「最近まきちゃん難しいことばっか言ってわかんねー」
「あんたも分かる時がくるわ」
今年に入って潰れた旅館も1件や2件ではない。
大人たちは誰もが危機的状況を肌で感じつつも、
誰もが手を打つことなく緩やかに死を受け容れようとしている。
食堂を営む家の現状を見ても、このままでは自分の高校進学に必要な学費すら危うい。
父親のやる気のせいで自分の人生を犠牲にされるのはまっぴらごめんだった。
「とりあえず みんなを集めてきな」
釣りを切り上げ、タカ坊に指示を出す。タカ坊は弾かれたようにまきの子分達を呼びに走った。
「なんとかしなきゃいけないのよ この温泉街を そして私の生活を…」
それは弱冠中学1年生にして、町の観光事業を再生しようと奮闘する
新たな諸掘観光協会・会長の誕生だった―

ジャンプスクエアにて連載。
「団地ともお」など、どこか淡々と描いているようでありながら、
ユニークなキャラクターにくすりとさせられる、小田扉さんの作品です。
まるで「限界集落温泉」のような町興しものであるかにみせかけましたが、
その実そんなにダイナミックなお話ではなく(;´▽`A``
とある寂れた観光地を訪れる観光客と、諸掘町の人々との妙に気の抜けたコメディです。
気の抜けたというのはマイナスな感じですが、単に「脱力系」というのもちょっと違うかな?
要は「くすりとさせられる」というやつですね。

主人公は一応中学一年生にして将来設計に悩めるしっかり者の女子・島守まきちゃんなのですが、
必ずしも彼女の活躍にずっとスポットをあてたというものではなく、
この寂れた観光地に様々な事情でやってきた人々が、この町で出会う商売っ気の無い商店の人たちや、
商魂たくましい中学生の女の子などに出会う、コメディだったりホロっとさせられたりする物語です。

主に町の人で出てくるのは、食堂を営んでいるまきの父親と、
スナックを経営しているタカ坊のママ。そしてラーメン屋のあんちゃん他数人くらいで、
お客なんて滅多に来ない気安さか、ラーメン屋のあんちゃんが食堂にご飯食べに来て
だべっていったり、タカ坊に「たまには来い」と言われてスナックに晩飯を食べに行かされたり
そんな開店休業状態でゆるゆる~っとした雰囲気がこの町には流れています。
だからたまに来る観光客にもあんまりかしこまらないし、タカ坊も営業中の店の表玄関から
堂々と入ってきて、ママもまたお客がいるのに気にせず声をかけたりする。
いかにも商店街の個人営業の店ってカンジのアットホームな雰囲気が良いカンジです。

img770.jpg

新しい観光スポットを作って、観光客にお金を落として貰おうと まきがガイドを買って出る話や、
様々な事情でこの町に住む離れ離れになった家族に会いにやってくる話。
脱サラしてこの観光地でペンションを始めようとやってくる一家の話、
知る人ぞ知るサスペンスドラマの撮影にやってきた人たちのお話など、
お話のバリエーションは豊富なんですけど、どれも町の人たちの
ちょっと抜けてるカンジや困ったときはお互い様と彼らなりに
協力しようとするところ、でも実費はきっちり請求されるところなど
飾らずぶっちゃけてるからこそ面白い下町コメディみたいなノリが展開されます。
派手ではないけれど完成度は高い、しっかりニヤリとさせてくれるマンガですよ~


小田扉さんのHP → 小田置き場
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 2

原宿の美容室よりお手紙

更新たのしみにしています。寒さに負けず、がんばって!

by 原宿の美容室よりお手紙 (2011-01-26 21:49) 

meriesan

ありがとうございます~ヽ(‘ ∇‘ )ノ
by meriesan (2011-01-27 04:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ