So-net無料ブログ作成
検索選択

サユリ1号 [恋愛]


サユリ1号 1 (ビッグコミックス)

サユリ1号 1 (ビッグコミックス)

  • 作者: 村上 かつら
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2002/04/26
  • メディア: コミック


嫌悪と拒絶―
結局 一般論なんて「他人事」にすぎない
いざ「自分事」となれば それは大して役に立たず
俺は いともかんたんに非力で無防備な
千葉の童貞中学生に引き戻されてしまうのだ


TBSラジオ「文化系トークラジオLife」にて紹介され
そのラストに激しく惹かれたので読んでみました

幼馴染の知子と共に京都の大学に通う直哉
彼は子供の頃から 理想の美少女「サユリ」を妄想し オナニーのネタにしていた
ある日 サークルの新歓コンパにやってきた後輩・大橋ユキが
まるで彼の妄想から抜け出したかのように「サユリ」にそっくりだったことから
直哉とユキ そして知子の色恋を巡る物語が始まります
しかし実はユキにはとある秘密があって…

ビッグコミックスピリッツで連載され全5巻で完結しました

自分の理想にピッタリの女性が現れ 初恋のときのように浮かれる直哉
しかもなにやらユキもまんざらではない様子
しかし一目惚れしたユキは 実は陰で「サークルクラッシャー」と呼ばれ
以前所属していたサークル内の男達と関係し
その人間関係をズタズタにしてしまった過去のある女性でした
そうとは知らない直哉 ユキと夏祭りのデートにこぎつけたものの
散々ユキに思わせぶりな態度をとられ一晩中引っ張りまわされます

img118.jpg
一方ユキの素顔を知った知子 努力も空しく直哉自身から拒否されて
「自分は直哉が好きだったんだ」
と気づくと同時に 真実を知った後でも 「いや しかし」とか「きっと俺にだけは」
などとあまりにも自分の都合の良いように解釈して苦悩する直哉を
冷静に観察していきます
この辺の直哉の道化っぷり そしてそれを半分諦念の混じった
でもあまりに未熟な彼を見捨てることもできない知子の気持ち…
恋愛に未成熟な男心を突く ユキの一言一言が胸に突き刺さります(;´▽`A``

物語はかつてユキが所属し 崩壊したサークルの人々を交えて
波乱の展開をみせていきます

そして最後の最後に本心から和解する 直哉とユキ
そこからのラストが 本当に…衝撃的です!
Lifeでその部分のダイジェストが紹介されていましたが
それでもこのラストにはビックリさせられ
「あー!ここのことだったかー!」
と叫んでしまいました(;´▽`A``
もう騙すつもりもない ユキが直哉に放ったその何気ない一言

是非読んでいただきたいなあ~!


文化系トークラジオLife → 1月24日放送 「今、聞きたい名言 part6」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
ブログパーツ