So-net無料ブログ作成
検索選択

るべどの奇石 [スリル/サスペンス]


るべどの奇石 1 (ヤングジャンプコミックス BJ)

るべどの奇石 1 (ヤングジャンプコミックス BJ)

  • 作者: 室井 まさね
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2011/04/19
  • メディア: コミック


あなたは石に興味がおありだろうか―
石英、翡翠、トルコ石、化石、隕石、アラバスター…
ここは様々な石を取り扱う「いし屋 るべど」 私が店主の御影硝子(みかげしょうこ)。
当年とって14歳だが…ああ、安心してくれていい。よく言われるが目は確かだ。
そしてもしも、あなたが世にも珍しい石に興味がおありなら適う石もあるかもしれない。
気に入った?ではそれを買うなら是非、これだけは忘れないでいてほしい。
それは「石の扱い方を間違えない」ことだ。
私の注意をよく聞いて守ること。
さもないと痛い目をみることになるだろう。
ゆめゆめ忘れないでいてほしい…

ビジネスジャンプにて不定期連載。
今回ご紹介するのは世にも不思議な「石」の物語。
様々な珍しい石を取り扱うお店「るべど」でひょんなことから
奇妙な石に出会った人々と石を良く知る謎の店主・御影硝子との物語。
それは現実にある珍しい石や、持っていると幸運を呼び込むパワーストーンというわけではなくて、
「生きている魚の化石が封じられた石」「空に向って落っこちる石」
「人肌に触れるとフェロモンを出す石」など、ファンタジーではありますが
そのなんだか「ありそう」な妙なリアリティがあったりするマンガでした。

今挙げた特徴を読んで、「あるあr…ねーよ!」とツっこんだ方は当然です。
しかしなぜそう感じたかというと、作中において客に対して説明する、
というシチュエーションで解説される硝子の石に関するうんちくと、
その中に紛れてこの架空の石の由来や特徴、その特徴を持つ理由付けが、
私のようなトーシロに「妙なリアリティがある」と
言わせるくらいは「らしく」感じられるからなんですね。
その架空の石に付けられた「価格」も、高すぎず安すぎずで、
とにかく硝子のうんちくを聞いていると「なるほど、こういう石も世の中にはあるのかもな」
と思わせてくれるのです。

img044.jpg

さてお話の方ですが、序盤は様々な珍しい石を販売する「るぺど」にやってきた客が、
興味を惹かれて手に入れた不思議な石。
慎ましやかに楽しんでいる始めは問題ないのですが、次第に欲をかいちゃったりして
硝子の取り扱い上の注意点を軽んじてしまい酷い目に遭ってしまいます。
そしてそこへ硝子がやってきて、高額な料金で解決するという
人間の欲やエゴに対してしっぺ返しがくる的なお話になっています。
中盤からは優男だが胡散臭い鉱物と宝石の仲買人・紫水晶(しみずあきら)と、
石の力でステキな玉の輿を狙う、いかにもトラブルメーカーになりそうな
ツインテール女子大生・ルリちゃん(原田瑠璃)が時折出てくるようになってからは、
硬軟織り交ぜた彩りが出て物語の雰囲気に幅が出てきます。

中でも私が好きなお話は1話の「悪食」。
そこで出てくる「生きた魚の化石が封じられた石板」はちょっとしたホラーですが、
ロマンもあって好きですね。
それから胡散臭い仲買人・紫水の初登場となる「翠玉」は、
普通なら20億は下らないとされる、とある曰くつきの巨大エメラルドが、
遂には50万にまでなってしまう話運びは おとぎ話のようで、
最後のオチの豪快さとあいまって面白かったですよ。

img045.jpg

残念だった点を挙げると、まず硝子がずっとセーラー服姿だったということ。
これには何か理由があるのかは判りませんが、個人的には学校に行ってる風でもないのと、
その落ち着き払った中高生らしからぬ態度から違和感がありまくりだったのは残念かな(;´▽`A``
…いや、特に可愛さを売りにしているキャラでも無さそうなので、
これがどうしても気になって仕方なかったんですよね。
あと瞬間移動したとしか思えない彼女の絶妙な登場タイミングもちょっと微妙。
私が読み取れてないだけかもしれませんけど、そういう部分も含めて
お話にやや大雑把さを感じるのが何より残念でした。
不定期連載でページ数が8ページの時もあるので、そうならざるを得ないのかもしれません。
でも「石」の設定自体は毎回面白いものをひねり出してくるなあと思える作品という意味で
個人的には楽しめた作品でしたよ。ヽ(‘ ∇‘ )ノ


1話試し読み → 集英社マンガネット
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

ブログパーツ