So-net無料ブログ作成
検索選択

ロッカフェラー・スカンク [アクション]


ロッカフェラー・スカンク(1) (AKITA COMICS DELUXE)

ロッカフェラー・スカンク(1) (AKITA COMICS DELUXE)

  • 作者: ヒダカトオル(原作)
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2011/05/10
  • メディア: コミック


そうだ…俺…ずっと…ずっと…ライブがしたかったんだ!!

バンドを題材にしたマンガって私、あまり興味が無い人間なので
ケレン味で味付けされたマンガでないと読めないんですよ(;´▽`A``
それは例えばデトロイトメタルシティであったり、日々ロックであったり。
バンドと言えるか微妙だけれど、坂道のアポロンとかは好きですね。
でもかろうじてギター ベース ドラム 程度のパートはわかっても、
ギターが何年ものの何々とか、誰が使っていた名器であるとかそういうのはサッパリ(;´▽`A``
そして本日ご紹介するマンガは、その道では有名な方らしいヒダカトオルさんというミュージシャンが
原作を書いたという、まさに私の苦手とするマンガ。
しかしナゼこれを拝見したかといえば、その面白い試みに惹かれたからです。
それは… 劇中のイメージの楽曲を聴きながら読める、というもの。
はてさて 一体どうなるのでしょうか…

月刊少年チャンピオンにて連載。
日本最大レーベルのカランバレコード―
祖父はその創始者、親を含めて親戚中が音楽に関わる仕事をしている、
言わば音楽エリートでボンボンのカケルは、それゆえ周囲の地道~で
人間関係の煩わしいバンド活動はまっぴらと、自分を可愛がってくれている
祖父の援助で自室にプロのスタジオ並みの機材を揃え、金に飽かせて
毎日のようにギターを買い込んでは一人シコシコと曲を作っていた。
そんな折、二人暮らしのカケルと妹のニナのもとに祖父の訃報が届く。
そして祖父の遺言により、カケルはカランバレコードという会社と、
音楽をこよなく愛した祖父の理想が詰め込まれた、未完成の島を受け継ぐことになった―

img116.jpg

お話は上のあらすじになぜか昔祖父がつれてきたというバケモノじみた男達がバトルをする
なんだかわけのわからないものに(;´▽`A``
いや、え?うーん… 孤高を気取っていた高校生が、やっぱバンドって素晴らしい!
ライブの一体感が気持ちイイ!っていうのに目覚めていくお話なんでしょうけれど、
なぜかバトルがあるという…正直どっちつかずな印象のマンガ。
会社を継いでるのにそっちの社長業をほっぽってバンドを結成する流れもよく分からないし…
とはいえ、このマンガのキモである、マンガのシーンに合わせた曲が聴けるというのに
かっちょいいバトルものは相性がいいからそうしたのかもしれません。(;´▽`A``

img117.jpg
※本来引用では改変しないのが筋ですが、本作品の性格上QRコードとURLは消しを入れさせて頂きました

マンガの曲が入るシーンには携帯用バーコードと、スマートフォンや
PCユーザー用にURLが貼付されています。
それを読み込んだり打ち込んだりすることで、該当の曲が聞ける仕組みです。
…が、これがとにかく読むテンポを遮っちゃうんですね(;´▽`A``
私はPCの前で読んだのですが、URLを入れると曲にリンクされている一覧のページに飛び、
シーンごとにそこをぽちっとなするわけですが、毎回プレイヤーのあるページがポップアップして
そこから数秒間の読み込みを経て、ようやく30秒から1分程度の曲が聴けるという繰り返し
…うーん。1話60ページほどのマンガで6曲。10ページで1曲ではなくて、当然盛り上がりどころに
集中して曲指定が来ることが多いので、そのたびにこれは正直きつい、です(;´▽`A``
あらかじめ全曲DLさせて読み込みのロス無しにさせるか…
一番いいのはここぞというキメの曲1曲に絞るべきではないかと思いますね。
毎回曲を選んでクリックするのが苦痛なので。
本当にちょっとしたシーンのBGM程度にしか聴こえないので、そうなると
アニメの全曲集を買ってきて、原作コミックを自分で選曲しながら読むカンジ。
やっぱりこれは違うでしょう~
原作者自らが作った曲をこのように使っているので本人はいいのかもしれませんが、
個人的にはなんか自分の曲をちょっとしたBGM代わりに1分程度で
使い捨てるようなカンジに浪費していいんですか?と伺いたくなってしまいます。
じっくりその話しのテーマに沿った曲を1曲聴かせて ああ、いい曲だな~と
私はそういう感じで読みたかったんですよね。
挿入歌とかそういう感じで。

劇中に合った音楽を流しながら読ませるという試みは決して悪く無いと思うんですが、
やはり手間がかかりすぎて物語の流れを分断しない方法を考えて欲しい。
直近でThe Lostwomanの読ませ方が良くて私としては期待していただけに
今回はどうしても文句ばかりになってしまいました。
ファンの方がお気を悪くされたらすいません(;´▽`A``
でもほんっと…悔しいんですよ。

…余談ですけど、タイトルの「ロッカフェラースカンク」ですが、
ぐぐったところNHKのサラリーマンコメディ「サラリーマンNEO」のOPにも使われていた
イギリスのバンドの曲名でした。


ヒダカトオルさんのHP → hidakatoru.com


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
ブログパーツ