So-net無料ブログ作成
検索選択

りんちゃんクッキーのひみつ [ハートフル]


りんちゃんクッキーのひみつ 1 (ヤングキングコミックス)

りんちゃんクッキーのひみつ 1 (ヤングキングコミックス)

  • 作者: 大石 まさる
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2001/12
  • メディア: コミック


「あははははは おかしいね おかしいね お父さんっ」
「わはははは そーだろーそーだろー」


どこまでも田園風景が広がる のどかな田舎町―
小さくて古いけれど広いお庭のついてる家に引っ越してきたのは、
お父さんと一人娘の鈴ちゃんの里梨一家。
お母さんは鈴ちゃんの小さな頃に亡くなってしまったけれど、
おおらかだけどどこかヌけてるお父さんには明るくてしっかり者の鈴ちゃんと、
いつも一緒のももんがのぬいぐるみ・アプーがついているからへいき!
お隣の郁子お姉さんもやってきて、ほんわかあたたかいハートフルストーリーの開幕です!

ヤングキングにて連載。全1巻。
本日は「水惑星年代記」や「おいでませり」の作者でもある大石まさるさんの作品をご紹介します。
例によってTwitterを眺めていたら、急に大石さんの著作を買い集めたくなりまして
ごそっと大人買いしてしまいました。
今回ご紹介する作品は珍しい2色刷り。
内容はどお父さんと一緒に田舎の町に引っ越してきた
小学生高学年くらいの年頃の鈴ちゃんの日々の生活を描くハートフルストーリーです。
「みんな大好き 元気一番 お料理二番」な鈴ちゃんの物語の特徴として
毎回「クッキングアワー」と称したお菓子を中心としたちょっとした料理の作り方を載せていたりして、
なんでヤングキング誌でお料理レシピを載せるんだろうと戸惑いつつも
「とりあえず可愛いからいっか(*^.^*)」 で流しました。
手間隙がかかるフクザツなものではないのでその気になれば簡単に作れそうです。
私はBLTサンドを今度作ってみようかなあと思ったりしました。
後ろの表紙には「これは漫画の本です」と書いてあったりします(;´▽`A``

img087.jpg

いつも明るくて人懐っこくてお父さん大好きでお母さんは小さな頃に亡くなってて
しっかり者だけど甘えんぼな面もあって緑髪ツインテールな元気少女。
もうこれでもか!というくらいガチガチに お父さんツボつつきまくりな要素で固められていて
あらすじ的にはなにをか言わんや、というカンジ。
大石さんの特徴であるSF的な要素も皆無で、むしろ一話なんてキッチンのドアを開けると
通り過ぎる際にエプロンドレス姿に変身しているというくらいのファンシーっぷり。
(2話目以降は変身はありませんでしたが…ザンネン!)
私が子供の頃に家にあったモノがあちこちに出てくるのも
ノスタルジーな気分にさせてくれていいんですよ。
作中に出てくる やかんが載せられる石油ストーブも今はウチにないんですよね。
特に好きだったのはお隣のおねーさんが風邪引いて倒れた時に鈴ちゃんが作ってあげた
氷まくらかな… 風邪引いて寝込んでいると、母親がよくアイスピックで氷を砕いて
氷枕作ってくれる音がして、できた氷まくらに頭を載せると水に浮かんだ氷の
ちゃぽんちゃぽんいう音と、ひんやりした感触がすごく気持ち良かったんですよね。
これだけでもう気分は鈴ちゃんと同じ小学生ですよ(;´▽`A``

img088.jpg

お話は一波乱あってめでたく大団円。
ストーリー的にはオヤクソクだけれど、「ヨコハマ買出し紀行」みたいに
何となくコマに配置された家具類の素朴さとか、ざっくりと描かれた
田園風景の広がる町の雰囲気作りはさすがです。
何気なく見えるストーブの上で湯気をあげるやかんとかアタリマエだけど
作者が全て意図的に描かないと存在しないものだと思うと、
その芸の細かさ、それを意識させずに全体で雰囲気として感じさせる
巧さはさすがだなあと思いました。


大石まさるさんのHP → 大石工画店
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 2

NO NAME

りんちゃんクッキーのひみつは大石作品の原点
大好きです
by NO NAME (2011-09-13 21:16) 

meriesan

いやあいいですね、こういう暖かな雰囲気出せる漫画家さん。私も大好きですよ~!
by meriesan (2011-09-14 03:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
ブログパーツ