So-net無料ブログ作成
検索選択

落下傘ナース [コメディ]


落下傘ナース 1 (ヤングジャンプコミックス)

落下傘ナース 1 (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 厘の ミキ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/01/19
  • メディア: コミック


「ずっと守ってあげる 絶対に見捨てない ね」

なぜか昔から何かにつけて不良に目をつけられるチトセ
しかし彼にはピンチの時にケータイの呼び出し一つで
いつでもどこでも駆けつけてくれる幼馴染の文子がいた
まるで自分のモノのように文子を呼びつけ面倒ごとを押し付けるチトセ
そしてそんなチトセに殴られても蹴られても奉仕することを至上の悦びと感じる文子

そんな歪つな依存関係をもつ二人に ある日魔法的な癒しの能力をもつ少女が現れる
彼女は整形外科型サイボーグナース・アテナ
二人は あらゆる外傷をその身に引き受け
人々を癒す奉仕の精神を持ったサイボーグ同士の戦いに巻き込まれていく…

ウルトラジャンプエッグにて連載 全2巻
Twitterでマンガ読みの方の話題にちらちら出てきたので読んでみました
いや~ …キてます!(;´▽`A``

「一生守って 決して見捨てないで」と願ったチトセ
「一生守ってあげる だから決して変わらないで」と約束した文子
病的なまでに互いに依存しあい 互いの心の変化を嫌った二人の物語
キーワードは「ヤンデレ」

img172.jpg
文子は「自分だけを頼ってほしい!他の人には決して目もくれないでほしい!」
という独占欲が烈しく チトセにどれだけ奴隷のような扱いをされても
「彼に必要とされている」ことで恍惚とした満足感を得ているという異常なキャラクター
チトセはどんなに自分のせいで文子がピンチに陥ろうとも
素っ気無く文子に「自分で何とかしろ」と言い放ち立ち去ってしまう外道っぷり
しかしそれは文子によって 幼い頃からとろっとろに甘やかされた結果であり
心を癒すことのできるサイボーグナースにチトセのわがままを治す方法があると
アテナに薦められても 文子はそれを喜ぶどころか
「自分から精神的に独立してしまうかもしれない」
危険因子として認識してしまいます

とあることが原因で 文子は後にサイボーグナースへと生まれ変わります
魔法のような力を得て 更にチトセを守ることができると狂喜する文子
回を追うごとに彼女のチトセへの異常な執着は やがてチトセをも破滅に追いやっていきます
まあとにかくこの どんどんどんどん悪化していく様子が本当にすごい
可愛い絵柄でこれでもか!これでもか!とばかりにスプラッタ的な描写が出てきます

もうどこをどうすれば二人はハッピーエンドになるんだ?
というのが全く想像できないまま迎えるラスト
ラスボスをもあっさり凌駕する文子の異常性
BookOffで1巻を購入して読んだ後 続きが気になりすぎて
待てずに新品で購入するほど惹き込まれてしまいました
スプラッタなのが苦手な方にはお薦めできませんが
耐性のある方 ヤンデレに興味をお持ちの方には是非読んでいただきたい!


厘のミキ氏のHP → Raw Meal『厘のミキ公式』


web拍手

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
ブログパーツ