So-net無料ブログ作成
検索選択

ピコピコ少年 [青春/自分探し]


ピコピコ少年

ピコピコ少年

  • 作者: 押切 蓮介
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2009/09/17
  • メディア: コミック


ゲームが好きで好きでたまらない「ピコピコ少年」だった押切氏の
青春を捧げたゲーマー人生を描いた作品です
勉強も運動も全くダメだった自分に唯一誇れるゲームの腕前
彼と彼の友人たちの様子が 同世代である私に突き刺さりまくりでした

Continueにて連載 全1巻
こちらには収録されていない初期読み切りの2編が
「おばけのおやつ」という単行本に収録されているそうです

小学一年生時に幼馴染の女の子の家で出会った「ファミコン」に衝撃を受けて以来
迷わず勉強よりもゲームを選び続け とうに足を洗ったかつての幼馴染に蔑まれながらも
「ゲームバカの道」をひた走った氏の人生が描かれています

小学生時代のゲーム環境といえば ゲームソフトは貸し借りが当たり前で
そういったゲーム好きの少年たちの間で交わされる友人関係がゲームをきっかけに
芽生えたり 気まずくなったりする様子が 実に「あるある」と私などには感じられるのです

押切少年は更にゲーセンに通うようになり
当時不良の集まる「盛り場」として親はもちろん学校の先生も目を光らせていた
当時の様子が描かれています 今の学校ではどうなんでしょうね
ファミコンを時間制で貸し出して遊べるゲーセンとか
駄菓子屋やプラモ屋にまでゲームの筐体が置いてあったりと
あの当時のピコピコゲームブームがよく表されています

話の合間合間に 現在の押切氏が当時よく遊びに行っていたゲーセンを見に行く
というエピソードが入り ノスタルジックさ炸裂なシチュエーションもニクいところです
この作品はノスタルジー的な意味で私にとっての「20世紀少年」と言えるものとなりました


押切蓮介氏のHP → カイキドロップ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ