So-net無料ブログ作成
検索選択

君がッ このマンガを読むまで! 殴るのをやめないッ!【3位】 [マンガランキング2012]

今回は3位の発表でございます。
ある意味で1位と言えなくもないのですが…というくらい特濃なあの作品でございますよ。

【3位】人間仮免中

人間仮免中

人間仮免中

  • 作者: 卯月 妙子
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2012/05/18
  • メディア: コミック


ボビー… あんたって人は…あんたって人は…
壮絶な過去と統合失調症を抱えた著者が、36歳にして出会った25歳年上のボビー。
苛烈で型破りで、そして誰より強靭なふたりの愛を描いた感動のコミックエッセイ!
(―コミックス帯の作品紹介より)

意味不明のモノローグ。
気負った風でもなく家を出て淡々と陸橋を登った卯月さんが
おもむろに橋から身を乗り出し、車の行き交う道路へ顔からダイブする冒頭―
今年最も衝撃を受けたコミックと言えばこの作品だったなあという印象があります。
幼い頃から統合失調症を患っている元AV女優の卯月妙子さん。
AV監督だった旦那と結婚し、程なくして破綻しかけた家計を支えるために入ったAVの世界で彼女はミミズを食べたり頭から排泄物を被るようなスカトロ趣味の壮絶な企画モノに出演し、その美貌と強烈なキャラクターで当時の業界では一目置かれる存在だったそうです。
けれどもその後旦那の自殺、次に出会ったパートナーも卯月さんの症状にアテられて神経症を患い破綻…症状の悪化を薬で強引に抑え込みながら暮らす日々…そこで出会った25歳年上の男性・ボビーとの出会いが、明日をもしれない卯月さんの人生を大きく変えていきます。
img069.jpg
希死念慮…病気の症状により自殺願望にとりつかれること

時に当人同士は真剣なんだけど見ているこっちが笑ってしまうような強烈な痴話喧嘩を繰り返しながら、一方では統合失調症の自分を受け入れ、護り、愛してくれる存在として、そして一方では老い先の短い自分を掛け値なく全身全霊好いてくれる存在として、とにかく二人の猛烈な相手への愛情を感じずにはいられないエピソードが1話2,3ページくらいのショートエピソードを重ねる形で積み重ねられていきます。
なんていうのかな、よくあるカップルのイチャイチャ話なんかじゃ全然ないんですよね。極端なの。
例えばよくボビーは自分よりずっと年下の若い女性が自分を好きになるなんて、と彼女のためを思ってもっと若い男を見つけて幸せになりなさいと諭すのですが、そのたびにボビーじゃないとだめなんだ!と反論する卯月さんが遂に業を煮やして取った行動は、自分のおま●こにボビーの名前の刺青をして「絶対離れる気ないから!」という意思表示をしてみせることでした。これにはさすがの豪胆なボビーですら呆気に取られるという…もうこんなんですよw
img072.jpg

こんな世に言うレベルの「痴話喧嘩」が裸足で逃げ出す二人の生活。
一方で癇癪持ちのボビーが怒る時は決まって彼女を大切に思うがゆえのことだったり、「ごちそうさま」なんて気分には全然なれない強烈な二人の愛のエピソードが満載なんですよ。

なんだかんだのそんな日々が続く中、遂にボビーも卯月さんを受け入れ、周囲にも概ね好意的に受け入れられ、仲睦まじいカップルとして幸せの絶頂に至った卯月さんは、まるでパンパンに膨らみきった風船が遂に弾けるように冒頭の陸橋からの顔面ダイブを行うのです。
後半はもうとにかく凄絶。
かろうじて一命を取り留めたものの顔面が粉々に砕け、美人だった卯月さんの顔は両目がチガウ高さに配置されたようなものすごい状態になってしまいます。
更に治療のための大手術の影響で、今まで大量に服用していた統合失調症の症状を抑える薬が飲めなくなった為に、卯月さんの頭の中に嵐のように巻き起こる幻聴・幻視・不眠・被害妄想・強烈な躁鬱の症状が次々と彼女を襲います。それを自分がどのような感覚を味わっているのか、マンガの絵としては見た目決して巧い部類とは認識できない絵柄ながら、その異常性、そしてそれが単純にワケの分からないぐちゃぐちゃな絵ではなくきちんとこちらが理解できる言語に翻訳された状態で描かれている、という事実にもうとにかく圧倒させられます。
img073.jpg
そして失礼を承知で言ってしまえばホラーのような顔つきとなってしまった彼女を事ある毎に元気付けようと足繁く見舞いに来る卯月さんの母とその姉妹、そしてなんといってもボビーの愛の深さにも震えずにはいられません。感動…て言うと薄っぺらい感じしますけど、やっぱりすげぇ!って思うんですよね。
なにより漢だ!と思ったのは二目と観られない顔になってしまった卯月さんと退院後速攻セックスしたシーン。
もうなんだよこれ…泣ける!


…と、ちょいと気持ち悪いくらい書いてしまいましたけど、とにかくもうどこもかしこも圧倒されまくるエッセイですよ。
統合失調症を抱える人が体験している脳内の様子に圧倒され、ボビーとの強烈な愛の絆の深さに圧倒され、彼女を支え続ける人々の暖かさに圧倒される…。こりゃ並の人間のエッセイではとても敵わないわけです。
劇薬のようなマンガだと思いますけど、凄絶な内容ながら全体的にユーモラスに描かれていてそれが卯月さんの陽性の人柄を随所に感じられて…とにかく合えばきっとかけがえのない作品になるんじゃないかなと思いますよ。


冒頭17ページまで立ち読みできますよ → ニコニコ静画

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ