So-net無料ブログ作成
検索選択

なごみさん [コメディ]


なごみさん(1) (モーニングKC)

なごみさん(1) (モーニングKC)

  • 作者: 宮本 福助
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/06/23
  • メディア: コミック


昔の稼業とはスッパリ縁を切りました

とある商店街に新しくオープンしたカフェ「和(なごみ)」
温かみのある店内に 綺麗なウェイトレスさん
更に可愛い猫ちゃんがお出迎え
そしてカウンターには…

img291.jpg
「ようこそ『和』へ」(にやり)


モーニングで連載
私はこの方のマンガは「この度はご愁傷様です」をちらっと
BookOffで立ち読みしたきりだったのですが
お茶目なおっちゃんや じいさんを描くのが得意な作家さんなのかな?
という印象があります
まさにこの作品は そんな感じで
脱サラして商店街にカフェを開いた どうみても堅気では無さそうなコワモテのおじさんが
生真面目に でも接客業などそれまでやったことの無い カフェのオーナー兼マスターとして
とんちんかんな振る舞いをしてしまうというもの
そのために周りの客に怖がられたり ウェイトレスをしてくれている
しっかり者の娘につっこまれたりする ギャップが面白いコメディです

もうとにかくこのマンガの魅力は コワモテのおじさんの顔と
この顔から発せられる妙に重厚なセリフに尽きます!
この顔で 前職はコレ とか 落ち込むとこういうことする とか
滅茶苦茶甘いものが好き! だとか 猫が大好き!とか…
いかめしい顔つきで こんな可愛いことしちゃうなんて!という
清々しいほどギャップを利用した内容だけで1冊できています!
こういうの4コマでなら なんとなくよく見る気がするのですが
毎回きちんと32ページ程度ずつお話としてまとめあげるのですから
このネタのこねくり回し力は尋常ではありません
数ページに1回は必ずコワモテなキメ顔が カカッ!と描かれているんですよ

カフェものということで
常連として来てくれるようになった人たちが持ち込んでくるトラブルなどにも
おじさんなりに生真面目に でもちょっとズレてる解決を図ったりします
顔は怖いけど 素敵なマスターのいるカフェ「和」
ちょっぴり勇気を出して店内に入れば
あなたもきっと 和むこと請け合いですよ


宮本福助氏のHP → 福助堂
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ