So-net無料ブログ作成
検索選択

極上!!めちゃモテ委員長 [恋愛]


極上!!めちゃモテ委員長 (1) (ちゃおコミックス)

極上!!めちゃモテ委員長 (1) (ちゃおコミックス)

  • 作者: にしむら ともこ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/06/30
  • メディア: コミック


そうですよ!恋する女の子は誰だってプリンセスの原石を持ってるんですから

私は北神未海 高校1年生。
中学生時代は がさつでケンカ番長だった私、でも中学生最後のあの日―
好きだった男の子にフられてから、私は生まれ変わったのですわ。
「リップ OK  髪型 OK  服装…OK!」
そう、今の私は美人で優しくてしっかり者の、誰にでも好かれるパーフェクトな委員長…
ワンランク上のモテ子を目指す 「めちゃモテ委員長」なのですわ!

ちゃおにて連載
今回ご紹介するのは現在アニメでも放映中のこの作品をご紹介します。
私がこの作品を知ったのは、主に昭和のファミコン時代の話題をメインに、
毎回とりとめのないトーク(略してTNT)が面白いPodcast「真・ファミコン名人の教え(仮)」の中で、
パーソナリティーのお一人ファミコンキッドさんが番組内で良く引き合いに出していたからでした。
「キラキラモテ子」 「めちゃモテ委員長」 などの、この物語に出てくるキーワードが
妙に引っかかったんですよね(;´▽`A``
掲載誌はメインの「ちゃお」の他に、小学館の「小学一年生」~「小学四年生」にも連載をしており、
おしゃれに目覚めた女の子達に向けて「ちょっとの工夫でワンランク上のモテ子になる!」という
スタンスのおしゃれ情報マンガとしても実用性のある内容になっています。
…とはいえ私も皆さんも本来の対象年齢よりはずっと大人の方だと思いますので、
物語展開の方向からご紹介していこうかと思います。

お話としては、中学のケンカ番長時代に経験した失恋から、身だしなみから言葉遣い、
内面に至るまで完璧な委員長として高校デビューを果たした北神未海(きたかみみみ)が、
クラスの3人組の問題児の一人の東條潮君に好かれようと努力するラブコメを本筋にして、
生来お節介の彼女が同じように恋に悩む女の子達の相談にも乗って、
見事その恋を成就させるというもの。
モテモテの女の子、すなわち「モテ子」になるため、基本的な化粧品やファッション・
アクセサリーの効果的なテクニックを、ちょっとの工夫でできるものとして毎回紹介する一方で、
その効果を疑問視したり面倒くさがってサボろうとする女の子には一転
「綺麗になるのに必要なものは『気合い』ですよ!」と、
元ケンカ番長だった彼女の一喝が飛んで「変わりたいという気持ちが大事」と説くのです。
だから「どうせ私なんて元がブスだし…」みたいなネガティブワードが飛び出すと途端に
髪の毛の先までワナワナと震えだして「私が変えてさしあげますわ!」と
生来のお節介が発動することになります(;´▽`A``
このノリが面白いんですよね~

めちゃモテ委員長の未海のキャラクターはとにかくポジティブ!
ちょっとやそっとキレたくらいでは言葉遣いすら崩れないほど
血の滲むような努力をして自分を改造した彼女は、大抵のことは「気合い」
とそこから生まれる驚異的な「行動力」で乗り切ります。
例えるならアレです。キン肉マンの火事場のクソ力みたいなもんです。
話の途中でどんな逆境が未海を襲っても、特に他人の恋を応援しているときの彼女は
決して揺らがないのです。それが滅茶苦茶カッコイイ!

そして一方で彼女自身の恋である東條君とのすれ違いや誤解が起きる時は、
意外と脆い面が出てくるのですが、そこは東條君と固い絆で結ばれたクラスの残りの問題児二人
すなわち 学年一の秀才でクールな西崎君と、
中性的な顔立ちで甘いものや可愛いものに目が無い南雲君が助けに入ったり
未海の助言を受けて見事望む自分に変わることができた女の子達が協力したりと
みんなが力を合わせる可愛い恋物語になっていてもう私の頭の乙女回路に
滅茶苦茶反応するんですよねw

img582.jpg
めちゃモテ委員長に相談を持ちかける人は、クラスメートの女の子から先生、
家族で小さな芸能事務所をやっている子役の女の子、手作りアクセショップを切り盛りする女の子、
マリッジブルーに襲われる女性等等… 自分を綺麗に見せるテクニックの他に
緊張の中で堂々と振舞う方法、果ては人の入りやすいお店の改造案まで、
委員長のパーフェクトっぷりは底が知れません(;´▽`A``
そして現在連載中の「めちゃモテ☆グランプリ」編では、トーナメントでおしゃれさを競うという
本筋はありつつも、競技中に中抜けして一人の女の子の悩みに関わっていったりします。
この「自分を変えて意中の人との恋を成就させる」という基本線がブレないお話づくりが凄く好き。

おしゃれ知識が全く無い私でも、人差し指を立てて強気でガンガン言い切る委員長の豪快さで
十分楽しめる作品でした。乙女回路をお持ちの方はぜひ!


小学館のHP → 第1話の前半試し読み
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ