So-net無料ブログ作成
検索選択

魔法少年マジョーリアン [青春/自分探し]


魔法少年マジョーリアン 1 (アクションコミックス)

魔法少年マジョーリアン 1 (アクションコミックス)

  • 作者: 石田 敦子
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2007/04/12
  • メディア: コミック


見えない未来に行くのきっと皆怖いんだ
ジェン― 私達たくさんのカギを持って大人になるのよ


「さくら!それは半ズボンの魔法少年のカードや!」
「ほええ~~!?」
…ムネキュンやね。

というわけで、10年昔のアキバ系ネタで皆さんとの心の距離をぐんと開いたところで
今回ご紹介するのはみんな大好き変身ヒロインモノでございますよ。
…より正確には、魔法少女に変身するのは少年でございますよ。
…あ、いえいえそんな早々に死んだ魚の目なさらずに。
そこ、あからさまに舌打ちしない。
内容は放浪息子の要素を一部含んだような魔法少女モノで、
これが意外に面白かったんですって。


コミックハイ!にて連載。全3巻。
行きつけのマンガ専門店で何回かそのタイトルが気になって、
今回思い切って購入してみました。
なんとなく聞いたことがあったような気がしたのは、当時ドラマCD化とかして
それなりに人気のあったタイトルだったからかもしれません。
石田敦子さんは元アニメーターの方だそうで、少年向けロボットアニメの「勇者特急マイトガイン」や
「魔法騎士レイアース」でキャラクターデザインを担当し、その名を知られるようになったのだそうです。
今はアニメーション制作からは身を引いてマンガ家としてご活躍中で、
いかにもアニメーターらしい躍動感のある画作りが絵的な魅力です。
しかしこのマンガ、お話としてもその少年が魔法少女をやる、というユニークな設定の他に
思春期に入り始めの少年の、成長期に感じるズキズキした痛みのような
少年からちょっぴり大人になっていく成長物語となっています。

とある小学校のクラスメートである、いじめっ子のマサルといじめられっ子のイオリ。
男子の間ではリーダー的存在のマサルに比べ、イオリはいかにも線の細い、
心身ともになよっとしたカンジ。二人はある日、どこからともなくやってきた
2匹の兎のような姿をしたマスコットキャラクター・ジェン太とダー子の勘違いから
男の子の身でありながら変身して魔法少女に変身し、その日から現われる怪物たちを
やっつける役目を負わされることになります。

img166.jpg

この物語では共に男の子だけどそれ以外はいかにも対照的な二人を中心にして描かれます。
石田敦子さんがお得意であろういかにも半ズボンの似合う男の子らしい男の子のマサルと
毎日マサルたちのイジメに耐えながら、母子家庭の母親をよく助ける穏やかで優しい性格のイオリ。
家では母親と姉3人に囲まれ、その抑圧から女嫌いになったマサルは
執拗に「女っぽい」イオリをいじめます。
この男っぽい、女っぽいというジェンダー(性差)の意識がこの物語のカギで、
「放浪息子」でも描かれたようなその強い意識が、マサルとイオリの初めての
出会いのエピソードも加わっていじめの原因となるのです。

img165.jpg

それが嫌々ながらも魔法少女化という性転換をすることによって、
マサルはずっと拒絶し続けてきたイオリの心に理解を示すようになり、
一方でイオリにとってはいかにもひ弱で女っぽい自分が
強力な力でもってバケモノを退治する、誰からも好かれるかっこいい自分の理想形への
変身願望を満たしてくれるものとして積極的に関わっていくようになります。
しかし二人のお互いへの理解が進むと同時に、一見二人に協力を仰いで
怪物退治をサポートしているかのようでありながら、腹の底が知れないジェン太とダー子や、
マサルの女嫌いの原因となった3人の姉たちの介入が、
二人のお互いへの気持ちを更にしっちゃかめっちゃかにかき乱していくのです。

性差に振り回され、自分へのコンプレックスにも振り回され、恋心にも振り回される。
この性を意識しだして戸惑い、迷走する思春期の二人を描いた作品として私は非常に面白く読めました。
ココロコネクトの回でもご紹介した男女入れ替わりものの小説「おれがあいつであいつがおれで」を
意識させるタイトル(「オレが彼女であいつも彼女」)が1話に使われているのは
これを象徴していると思います。
それゆえにラストに関してはそれまでの物語を通して自分が思った結末とは
少しズレを感じたけれど、石田さんがどのように考え、こうしたのかについても
理解できなくはない。ひとつの答えとしてアリだなと思えるものでした。
放浪息子が好きな方であればきっとこれにも色々感じることができるのではないかなあ。
いいお話だと思いますよ。


石田敦子さんのHP → ナノ・ケーキ
お試し → 双葉社HP
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ