So-net無料ブログ作成
検索選択

崖っぷち天使マジカルハンナちゃん [ギャグ]


崖っぷち天使マジカルハンナちゃん ① (バンブーコミックス)

崖っぷち天使マジカルハンナちゃん ① (バンブーコミックス)

  • 作者: 佐藤 両々
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2012/04/27
  • メディア: コミック


お前も捨てられたの?

道上帆南(みちがみはんな)は某会社で事務職を務める29歳のアラサー女性。
少女の頃は魔法っ子に憧れたりなんかしたこともあったけれど、今は毎日のやりがいのない仕事を淡々とこなすだけのごく普通のOL。
おまけに誕生日を迎えたその日に4年付き合った彼氏にもフラれ、気分はどん底。
したたかに酔って帰途についた彼女は、道端に寂しく転がった猫のぬいぐるみに思わず話しかけてしまうのだった…
「…お前も捨てられたの…?」
その瞬間、帆南の身にとんでもない変化が訪れた!
ファンシーなメロディと桃色光線、着衣は花をイメージしたひらひらの衣装…!
そう、その猫のぬいぐるみのようなモノこそ、魔法の世界からの使者。
帆南はアラサーにして魔法少女・マジカルハンナとなったのだ…!

もしも29歳という婚期とか将来設計だとか考えちゃうお年頃の女性が「魔法少女」になったなら…?
はい!今回は私の大好きな「魔法少女」ジャンルな4コマものをご紹介いたします。

魔法少女ものの作品には、「魔法少女リリカルなのは」や「魔法少女まどか☆マギカ」などに代表される「適齢」な女の子がヒロインとなる(後作品で19歳になった なのはや、まどかの物語的な特殊性は置いて)正統派の魔法少女の他に、「正体が特殊な主人公」という変化球的魔法少女ものが存在します。
その中でも、「ちょっと年がいっちゃって少女と名乗るにはこっ恥ずかしい系」魔法少女の作品といえば、最近発売された新刊では
幼馴染のマッドなロリコンサイエンティストが作った薬をそれと知らずに飲んだことで、甘いものを食べると幼女に変身してしまう女子高生がヒロインの「すい~と☆めたも」
プリキュアを始めとした数々の変身魔法少女ものを手がけた東映アニメーションのスタッフが脚本を書いたという、伝説の元レディースの総長が魔法少女コスチュームで敵をメッタ打ちにする「魔法少女鬼塚さくら」(17歳)
そして「恋の門」「俺は生ガンダム」などを手がけた羽生生純さんによる「無法使いアッポちゃん」などは、厳密には魔法の力は無いのですが、何かをこじらせてしまった27歳のニート女性がご近所の平和を守るという強烈な負のオーラを持った異色作として存在しています。
そしてそんな個性的な作品が多い中、今回のマジカルハンナちゃんが強烈に押してくるのは、なんといっても「ごく普通の社会生活を営んでいる」「アラサー女性」であるという点。
見た目可愛いネコのような姿をした魔法の国のお供役・メイシンとの言わば事故的な、手違い的な、目論見ハズレ的なアレで魔法少女にさせられてしまい、可憐な少女とのファンシーな魔法少女物語を夢想していたロリコンの淫獣にババア扱いされるという どつき漫才みたいなやり取りが面白い。
著者は女性の方で、しかも他作品ではOLものの4コマなども連載されているからか、作品中では特にヒロインの現実感、ぶっちゃけ感が半端無いのです。

まずご紹介したいのはなんといっても「見た目」。
「いい年した」女性がファンシーな衣装に身を包み、魔法少女を名乗るというこっ恥ずかしいプレイ(?)。
「変身している間は幼女になれる」なんてご都合設定など存在せず、衣装が変わっても本体は普通のアラサー女性のまま。魔法少女の力を返上するためにはこちらの世界にやってきた魔法の国の王子様探しをしなければならないのですが、毎回繰り広げられるのは手前勝手な悪口雑言を叩きつけるメイシンと、それにブチ切れるハンナとのどつき漫才。
衣装という誰もが思いつきそうなわかりやすい部分だけでなく、変身プロセスや所々で出てくる魔法少女ものではお馴染みのグッズを、アラサー女性が泣く泣く行使するハメになるザンネンさ。そして一方で自分の目的を遂げる為に、ハンナにやり場のない怒りをぶち撒けながらもこれに嫌々付き合わざるをえなくなるメイシンの救われなさがなんていうか…w
特にミンキーモモやら魔法の妖精ペルシャなどでお馴染みの「自分の好きな職業の人になれる変身グッズ」のアイディアは白眉です(^_^;)

img795.jpg

更にハンナは一応立派な社会人でありますからして、当然自分の生活というものがあります。
いきなり魔法少女としての使命を負った(負わされた)からといって「昼は社会人・夜は魔法少女」なんて二足のわらじを器用に履きこなせません。
王子を近くに探知すると職務中でも容赦なく鳴り響くファンシー携帯や、空気を読まないメイシンの呼び出し。ハンナはその度に職場の後輩やらちょいと天然な元カレに苦しい言い訳をするハメになる、綱渡りの日常を送ることになってしまうのです。でもたまに羞恥心を捨ててあえて事務的に処理しようとしたりして、つまり自分が「女」であろうとする外面をたまに脇に置いちゃうようなアラサー的なぶっちゃけ感がのぞいたりするあたりも、この作品の面白さなんですよ!

img796.jpg

いっそメルヘンな非日常の世界に行ってしまえたらどんなに気が楽か…
怪物が襲ってくるわけでもないので、なんだかんだでアクティブに王子探しを頑張るでもなく、メイシンとのやり取りでぐだぐだと日々が過ぎていったり、何も知らないハンナの可愛い姪っ子をメイシンの毒牙から守るべく激しい攻防を繰り広げたりだとか、なんかこう…社会人としてしっかりと現実に根ざしたキャラクターがファンタジーの侵食を受けるというこの非日常感が絶妙!(^_^;)
社会人向けの大人な魔法少女モノとしておすすめできる1作です。


佐藤両々さんのblog → 両々王国
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 2

大林 森

これは切な面白そう!(*´Д`*)買います!
by 大林 森 (2012-04-30 15:40) 

meriesan

ええ 正に切な面白い感じです。よろしかったら読んでみてください…!(´∀`*)
by meriesan (2012-04-30 21:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ