So-net無料ブログ作成

論理少女 [コメディ]


論理少女(1) (シリウスコミックス)

論理少女(1) (シリウスコミックス)

  • 作者: つじ 要
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/09/22
  • メディア: コミック


「もう少し論理的に話しなさい!!」

ここ 津隠市(つがくしし)は町中で「津隠し問答」が日常的に行われている町だった
「津隠し問答」とは 元は禅問答から派生したと言われる その場の即興でゲームを作る遊び
そんな町に東京から転校してきた若野君は 転校初日の登校時 とある少女と出会う
彼女は生徒会長の 芝いつき ズバ抜けた論理的思考の持ち主で
若野君は彼女と共に様々な 論理ゲームに巻き込まれることになる―

月刊少年シリウスで連載
「カイジ」や「ライアーゲーム」のような思考ゲーム的な要素を
可愛らしい萌え系の絵柄で描いたお話です
現在3巻まで発売 私が読んだ1巻では 主に「津隠し問答」の勝負を
賭け事に使う先輩たちに いつきと 勝負に負けて生徒会に入ることになった若野君が
津隠し問答で勝負を挑む という物語になっています

ルーレットでランダムに決めた 校内の様々な場所で
その場にあったもので即興のゲーム合戦をする というのがこの漫画のキモで
校庭で 屋上で それこそ勝負が始まったその場で その場にあったものを利用して
ゲームを仕立てる筋がなかなか面白いです
もちろん敵役の相手は 偶然を装って周到にイカサマをしてきますので
そのルールの穴を「論理的に」指摘しズバッとやり返す(主にいつきが)カッコいいわけです

ゲームの内容は
「自販機でいつきが欲しかった飲み物を当てる」とか
「目隠しでルービックキューブの色を揃える」とか
「裏返した回数だけをヒントに コインの裏表を当てる」などの
ちょっとしたパーティーゲーム的なものから
「自分を含めて互いの位置がわからない状態で
各階に配置された人を『論理的に』説明して当てる」
などの大掛かりなものまで きちんとした種あかしもあって
一緒に考えられる作品になっています

img270.jpg
絵はもう少しかなというところですが
コマ運びは十分スリリングで テンポも良いと思います
先に挙げたような「命を懸けたパズルゲーム」的漫画を好む本格派な方には
こういった萌え+ゲーム的な一風変わったお話は
どう映るのかなと興味のあるところです


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ