So-net無料ブログ作成
検索選択

光路郎 [ハートフル]


光路郎 1 (小学館文庫)

光路郎 1 (小学館文庫)

  • 作者: 村枝 賢一
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/04/15
  • メディア: コミック


俺のことを「センセー」と呼ぶな!! 「コージロー」でいい!!

アメリカからやってきた坂上町高校の新任教師・光路郎
彼は陽気で情に厚い兄貴肌の男で 毎回様々な事情を抱えた先生・生徒達に
フランクにそして体当りでぶつかっていく人情物語というべき作品です

「仮面ライダーSPIRITS」や「RED」など アツい男の漫画を描く村枝賢一氏の
初期のころ(1989年~)の作品が文庫化されましたのでご紹介します

週刊少年サンデーで連載 単行本は7巻で完結しています

全体としては二部構成になっているそうで
一部が「坂上町高校編」 二部が「アメリカ編」となっているようです
私はこの作品を初めて拝見しますので 今回ご紹介するのは第一部の内容となります

「哀しい物語を悲劇にするのは芸がない 僕は笑わせながら哀しみを描きたかった」
文庫版巻末に収録されたインタビューで そう語った村枝氏
サーフィンで登校し およそまともな授業そっちのけで自習にしたり
突然生徒同士のボクシングの試合を始めたりと型破りな行動をする光路郎が
いじめ 病気 孤独感 家庭の事情などを抱える先生・生徒達に
とにかく底抜けに明るく あえてギャグ調の道化を演じる光路郎が印象的です
しれっと助けて トボけたつもりなんだけど 他の人にはバレバレみたいな
ベタな人情話で やはり古くさいテイストではあるのですが
巻末の村枝氏のインタビューで 氏が光路郎を描くまでの背景を知ると
デビューしたての新人マンガ家だった村枝氏のこの作品に俄然味が出てきます

img189.jpg
最近マンガ雑誌「ゲッサン」で光路郎の続編がスタートしたようです
ゆっくり文庫版を追いながら読み進めて行こうと思います


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 4

サワダシンヤ

光路郎、高校生のときに買ったコミックまだ持ってますよ。
ストーリーもキャラも良かった!今読んでも感動できる。
月サンの再開はホントうれしいですわ!
by サワダシンヤ (2010-04-17 22:28) 

meriesan

私は村枝氏を仮面ライダーSPRITSで知ったので、ヒーローものを描く方だと認識していたのですが、原点はこちらなんですね。続編が描かれるくらいですから、この先も楽しみですよ~
by meriesan (2010-04-18 00:51) 

白黒犬

はじめまして。
光路郎、文庫版が出ると聞いて発売を心待ちにしておりました。
今となっては村枝氏の作品の定番とも言える作風の原点でありながら、
説得力を持ち合わせている繊細な描写で成り立っているところが好きです。

by 白黒犬 (2010-04-18 22:56) 

meriesan

初めまして~ヽ(‘ ∇‘ )ノ
最初のコミックから楽しみにされていた方多いんですね。
普段はコメディタッチなのにきっちり人の情の機微を
描き出せているのがさすが村枝氏、という感じですね。
by meriesan (2010-04-19 01:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
ブログパーツ