So-net無料ブログ作成

ぼくらのカプトン [コメディ]


ぼくらのカプトン 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

ぼくらのカプトン 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)

  • 作者: あずま よしお
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/09/10
  • メディア: コミック


サッカー部の新しい主将に選ばれたのは、
クールでストイックで後輩達からも慕われる柴田将一。
憧れの柴田主将の厳しい練習メニューをこなす後輩達。
それを一段とクールに見つめる柴田主将。
…だけど、あれ?主将なんか今、言いました?
時折漏れ出る主将のホンネ。
厳しくもゆる~い高校サッカー部を舞台にした青春コメディ!

ゲッサンで連載。
最後まで読んで、この漫画を一言で表すならば
「オチのあるザワさん」
奇しくもコミックナタリーさんのインタビュー記事を拝見して、まんまや…と
これをこれ以上どう説明したものかと困ってしまいましたが、
でも私はこちらの方が好みです(;´▽`A``

サッカー部が舞台なのですが、基本的に試合が描かれることはありません。
厳しいサッカーの練習風景が描かれ、その中で見た目はクールでストイックな柴田が、
実は女子にモテたいという下心をポロッと垣間見せたり、
主将業に慣れない柴田が、ヘンテコな「特訓」を皆にやらせて迷走してしまったり、
あまりに厳しい柴田のシゴキに後輩達が一旦は逃げ出すんだけどやっぱり戻ってきたり…
恐らく雰囲気を感じる漫画なので筋を言っても伝わりづらくて凄く歯がゆいんですが、
総じて「あー…なんかリアルな高校の体育会系って感じだなあ」という作品なんです。

img495.jpg
話は1回6~8ページ程度で、とある部活の一場面を切り取った
エピソードだけ描かれていて、最後に必ずオチがあります。
散々クールを装った柴田が、皆に慕われて、思わず「慕われるオレすげえ」的な感じで
見えないところでニヤついてしまうところなんて、ホントリアルだなあって感じます。
誰もが自分を認めてくれるのにどこ吹く風で、オレはオレの目標しか見てないぜ
みたいな超高校生もいるかもしれませんが、
こういうところが男の子だなあって親近感が湧くんですよ。
後輩も後輩達で、同じグラウンドにいる女子達に目を奪われたり、
散々柴田主将のシゴキの理不尽さにグチりあいながらも、
結局なんだかんだで戻ってきてしまう、不思議な体育会系の連帯感があったりして。
なんかこー… この空気、まさに体育会系な感じがするなあ、と。(;´▽`A``
主人公は女性ではないけれど、ザワさん好きな方は
こっちのノリも悪くないと思えるんじゃないかなあ。


あずまよしお氏のHP → MegaAuZou

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ