So-net無料ブログ作成

上京ものがたり [ハートフル]


上京ものがたり

上京ものがたり

  • 作者: 西原 理恵子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2004/11
  • メディア: 単行本


「ぼくんち」「毎日かあさん」などで有名な西原理恵子さんの自伝的作品です
20歳の頃 実家の高知から上京してきた女の子(西原氏)が
お水のバイトをしながら ままならない世間にもまれ でも最後には絵が認められ成功していく物語

絵本のような柔らかな絵柄に しかし1人の女性の生き様が描かれた本です

絵は決して上手くは無いけど えぐりだす様に世間の不条理さを描いてみせたり
最近では「画力対決」のような企画を開催してみせたりと
様々なアイディアとセンスで注目され続ける作家さんですね

田舎からやってきた女の子が 都会のきらびやかな世界と今の貧乏な自分とを比較して
コンプレックスを感じたり 水商売のバイト先の店長に酷い罵声を浴びせられたり…
序盤から中盤までのこのあたりは 絵本のようなひたすら優しい絵柄で
どんなに酷い目に遭っても 「ああ こういうものなんだなあ…でもしょうがないよ」
というある種の諦念が描かれています

img199.jpgimg198.jpg
しかし話の後半
彼女は徐々にしたたかになっていき
「なんでもやります!」と自分を売り込んで仕事に工夫を凝らし
そのために絵の仕事を徐々に獲得していきます

最後にはとある出版社で出あった 連載を打ち切られ泣いている作家に
心の中で 「あんたがつまらないから悪いんだよ」と
斬って捨てる様は ままならない世間に流されるままだった
昔の自分に決別した印象深いお話として心に残ります

夢を見るだけでは夢は叶わない
したたかに 前向きに
そんな西原さんのメッセージを感じる本でした

西原理恵子氏のHP → 鳥頭の城

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ