So-net無料ブログ作成
検索選択

犬を飼う [ハートフル]


犬を飼う (Big comics special)

犬を飼う (Big comics special)

  • 作者: 谷口 ジロー
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1992/10
  • メディア: 単行本


著者・谷口ジローさんが ご自身の愛犬の死までの一年間を綴った
「犬を飼う」を含めた読みきり短編集です
谷口さんの少しかっちりとした絵で淡々と描かれていくこの漫画は
さざなみのような静かな感動を与えてくれます

高齢の愛犬・タムタムが 足腰が弱くなっていき
徐々に不自由になっていくのを
タムタムと同じように苦しみながら そして悩みながら
世話していく夫婦の様子をひたすら淡々と綴っています

年老いた愛犬の表情がリアルで それでいて
撫でると目をしばたたかせる犬の愛らしさも併せ持つ
谷口ジローさんの描写力がベテラン作家の貫禄を
十二分に感じさせます 最期のタムタムの表情は
まさに天寿を全うせんとする老人のそれで
まるで人のようにも見え 目の前の犬は「家族」なんだなあ
と思えてきます
じわっと いい作品ですよ

余談ですが
猫のお話 私は「長い長いさんぽ」(著者・須藤真澄)もとても好きです
こちらは谷口さんとは見せ方が全く異なり
著者さんの一人称では共通なのですが
思いっきり情感たっぷりに描かれています
猫を飼われている方であれば あるいは意外性の無い
チョイスかもしれませんが もしご存知ない方がいらっしゃいましたらぜひ
おそらく読んだ直後は3割増しにご自身の愛犬・愛猫に優しく接することができるでしょう


長い長いさんぽ  ビームコミックス

長い長いさんぽ ビームコミックス

  • 作者: 須藤 真澄
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2006/01/16
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 2

サワダシンヤ

長い長いさんぽ読みました。

年甲斐もなく泣いてしまいましたよ。
いつかは来るペットとの別れは想像するだけで悲しいです。

その日が来るまでは愛し続けるぞ!と飼い猫をなで回していたら嫌がられたのか、スーッっと去っていきました。

猫って自由ですよね。
by サワダシンヤ (2010-01-17 20:58) 

meriesan

そこが猫のたまらなく可愛いところなんですけどねw
私が初めて読んだとき、猫を飼う前だったんですけど、それでも私も泣けましたね~
by meriesan (2010-01-18 01:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

ブログパーツ