So-net無料ブログ作成
検索選択

江戸川乱歩異人館 [スリル/サスペンス]


江戸川乱歩異人館 1 (ヤングジャンプコミックス BJ)

江戸川乱歩異人館 1 (ヤングジャンプコミックス BJ)

  • 作者: 山口 譲司
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2011/02/18
  • メディア: コミック


君は正気を保たなくてはいけませんよ
犯罪と云う怪物を相手にする時は自らが怪物と化さぬよう 気をつけねばならない


闇を覗こうとする時 闇もまた君を見ている―
ミステリ界の巨匠・江戸川乱歩の狂気とサディズムの世界を、
エロコメディを主な作品とする山口譲司氏がコミカライズしたのが今回ご紹介するマンガになります。
「異人」と呼ばれる、闇に魅入られた狂気と偏愛の怪人たちが、
山口さんの手によってエロスと耽美性をもって描かれた本作。
はてさて、どうなりますことやら―

ビジネスジャンプにて連載。
日本での本格ミステリの大家といえば、迷うことなくその名が挙がる巨匠・江戸川乱歩。
少年探偵団シリーズなどで 明智小五郎や、怪人20面相を生み出すなど
今でもミステリと言ったらコレ!という知名度を持つ乱歩氏の作品の中で
彼が見聞きし、出会った異形なる者ども―「異人」たちを紹介する、という体裁で描かれています。

山口譲司さんのマンガを拝見するのは実に久しぶりです。
記憶を遡ると、「その気にさせてよmyマイ舞」以来です。
いや~懐かしい…(;´▽`A``
勝手に過去の人っぽい言い方しちゃってますけど、久方ぶりに拝見した山口さんの絵柄は
やっぱり以前より圧倒的に巧くなってますね~ …特に女性の尻の重量感が(;´▽`A``

1巻は7編の物語が収録されていて、
退廃的な青年が、下宿(アパートみたいな感じですが)の天井裏から他の住人達の
生活を覗き見られることに気付き、やがて誰にも気付かれずに殺人を犯す快感に憑かれる
「穴男~屋根裏の散歩者」

とある顔は醜いが腕の良い椅子職人である男が、貞淑な人妻にして小説家の女性に一目惚れし、
彼女の依頼で創り上げた椅子に狂気の仕掛けを施す
「座男~人間椅子」

素人探偵・明智小五郎と江戸川乱歩が出くわした、古本屋の人妻絞殺事件に
明智小五郎の人間の歪んだ性癖を読み取る独自の推理で犯人に迫る
「明智小五郎×絞男(前・後)~D坂の殺人事件」

有名な宝石商の一族を襲う、血の復讐劇。次々と殺害されていくその事件に、
素人探偵・明智小五郎もあえない最期を遂げる―!?「明智小五郎×壁男(壱~参)~魔術師」

img831.jpg

大体こんな感じのお話になっています。
穴男と座男は青年・江戸川乱歩が出会った狂気の「異人」たちを紹介する
語り手的な役割として出てきます。
そして3話からは江戸川乱歩作品を代表するキャラクター
「うつし世の名探偵(自称)」こと明智小五郎が主役として出てきて、
内容も次々と不可解な殺人が起こる探偵もののストーリーになっていきます。
この明智小五郎は、学校の図書館などでよく見る「少年探偵団」での
正義の味方然としたキャラクターではなく、乱歩作品初登場時(D坂の殺人事件)の頃の、
西洋かぶれでスーツを着こなすキザ男として描かれます。
詳しい時代考証などはわかりませんが、大正末~昭和初期のあたりの情景が描き出され、
台詞回しなども時代がかっていて、今聴くと大仰ととれるような言い回しで、
ヘンに現代風にアレンジしていないのが個人的には好き。

img832.jpg

探偵ものという、人の裏の顔までをえぐり出す題材としては外せない
「貞淑な女性が実は…」というシチュエーションも幾たびか出てきて、
そこではもう山口さんお得意の肉感的な女性がねっとりと描かれてこれもイイんですよね~
ちょっと耽美的なこの大正~昭和の時代の雰囲気が出ていて
乱歩の小説のそういう狂気とか耽美とかちょっとキザったらしい明智小五郎の所作とか、
そういう雰囲気が好きな方にはお薦めできるかもしれません。


山口譲司さんのHP → ymgc
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 1

猫かつお

鉄人Q読んでみたいです
今晩はそれではさようならおやすみなさい
by 猫かつお (2013-06-27 20:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
ブログパーツ