So-net無料ブログ作成
検索選択

ヘルプマン! [ハートフル]


ヘルプマン! (1) (イブニングKC (70))

ヘルプマン! (1) (イブニングKC (70))

  • 作者: くさか 里樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/05/21
  • メディア: コミック


直情型で単純な主人公・百太郎が 徒手空拳で介護の世界に飛び込んで
その中で起こる様々な矛盾に疑問を投げかけていく物語
現在は12巻まで出ていて一つのエピソード毎に主人公が変わるオムニバス形式になっています

最近ではニュースで当たり前のように話題になる老人介護の話
時給が安すぎてなり手のいないホームヘルパーの苦労
老人ホームで起こる様々なトラブル
自宅介護を選択した家族と なにより本人の苦悩―

特に11,12巻の「認知症編」は 認知症になってしまった本人の意識を
追体験させてくれるような話になっており 気づくと自分がおかしなことをしている
そして家族が別の何かを見るかのような顔で自分を見ている
まさにホラーといっても過言ではないリアリティがすごいです
最後はなんらかの救いのある決着を迎えて終わるのですが
実際の介護の現場では いつ終わるとも知れないこういう
世界があるのだなあと圧倒されます

自分がもしこういう状況になったなら 親が自分にそうしてくれたように
親に手を差し伸べ続けることができるだろうか
そんなことを考えさせられる漫画です


くさか里樹氏のHP → くさか里樹WEB


【ヘルプマン! 14】 2010年4月12日 21:15更新

ヘルプマン!(14) (イブニングKC)

ヘルプマン!(14) (イブニングKC)

  • 作者: くさか 里樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/03/23
  • メディア: コミック


13巻から引き続き「介護職員待遇編」
薄給とかそういうこともあるけれど
何がキツいって自分の仕事が評価されないというのが
なによりこたえる そんな話が展開される今巻
崩壊寸前の人手不足な現場に百太郎が連れてきたド素人二人が
これからどのような経験をしていくのか?
彼らが投げ出したとき それがそのまま介護職への
くさかさんから見た 世間の認識ということになるのでしょう
リアルであるがゆえにこの漫画は どのエピソードも
ラストをどうもっていくのかが毎回気になって仕方ないですね!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
ブログパーツ