So-net無料ブログ作成
検索選択

蛇とマリアとお月様 [恋愛]


蛇とマリアとお月様 1 (プリンセスコミックス)

蛇とマリアとお月様 1 (プリンセスコミックス)

  • 作者: 宇野 紗菜
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2011/02/16
  • メディア: コミック


男の子同士でキャッキャして幸せで それを見てる私も幸せで…
「普通」に恋愛する子もいるけど私の場合そこに「私」を組み込む必要はなくて…ただ…
それだけのことなんです―…


「落し物をお届けに参りましたあ☆」
「な…!」
その瞬間、私は足元から崩れ落ちるようなショックを味わった。
それは毎朝通学の電車内で見かける、私が密かに愛読する
マリア・メグ先生のBL漫画から出てきたような美しい男子校生二人が…
嗚呼、毎朝の通学電車内で必要以上にいちゃつき、近くでこっそり観ている私に
駅を降りるまでの萌え上がるひと時を提供してくれていた二人が…
あろうことか今朝までは間違いなく私の鞄の中に入っていたハズの私の「愛読書」を持って、
艶かしいほどの色香漂う微笑をたたえ、校門の外に立っていた―!

「お願いです!! このことはどうか内密に!!」
開口一番、私はひたすらお願いするほかなかった。
メディアの露出も激しい人気有名恋愛小説家・藤吉桃子の娘として、
「イメージ」を大切にするようになったのはいつの頃からだろうか。
しかしそんな娘が、実はBL大好きな腐女子と世間に知られたら…
それがたとえ目の前で酷薄な笑みを浮かべる男が、今朝のやり取りの合間に
私の鞄の中からまんまと抜き取ったものだとしても。
見れば一発で腐女子だと判るものを持ち歩いた自分のうかつさを呪い、
ひたすら懇願するよりほか無かった。
「―いいですよ 本はお返ししますし この件は一切口外しません」
二人のうち、黒髪で眼鏡をかけた知的な男が涼しい笑顔を向ける。
しかし彼は間髪入れずに続けてこう言った。
「その代わり― あるバイトを引き受けてほしいんです」

月刊プリンセスにて連載。
BL大好きお嬢様ミーツ美形男子校生2人組―
ということで、腐女子がまるでBLの世界から飛び出してきたような
美形男子2人組に出会う、というこのシチュエーション。
なんとなくコミックハイ!で以前連載していた「妄想少女オタク系」という
ラブコメマンガみたいな雰囲気に惹かれて読んでみました。

実はその美少年二人組は、ヒロインである桜子が大ファンのBL漫画家マリア・メグその人で、
二人に弱みを握られた桜子は、学生もしながらマンガの仕事もこなす二人の
ご飯つくり係(メシスタント)として深い繋がりのある二人の生活に関わっていく、というもの。
弱みを握ってる人を雇う方が口が堅くて安心できる、という口実はあるものの
何故自分を飯作り係として自分達二人の側におくのか、納得できずにいぶかしみながら毎日二人の
作業場兼自室の、古びた木造アパート(でも内装は広々としている)に飯炊きをしにやってきます。

そのうえマンガのアイディア出しに二人が桜子の目の前でリアルBL的展開を実演し、
桜子の反応を見てマンガを描いているという仕事は、
美少年二人の萌えシチュエーションを観て萌えまくったりして意外と快適。
突発的にあちこちで起こる耽美的BLシチュエーションと、思った以上に気さくな
二人とのやりとりに笑いつつも、時折桜子が二人の過去に触れようとすると
急に態度が変化して激しく拒絶される一幕もあって、
「最初は自分が支配していたつもりだったのだけれど、
いつの間にやら自分の中でヒロインの存在が大きくなっていて
『こんなつもりじゃなかったのに』と思いつつも惚れちゃう」
みたいないかにも女の子向けイケメン征服話かと思いきや、
桜子にも何らかのトラウマ的なものがあって美少年二人の心変わりだけでは
巧くいかないカンジに捻ってあるのがいい感じです。

img830.jpg

ただ、少女向けなのでこれを言っちゃいけないのだろうけれど、
二人の男子の顔の距離がやたらと近い、BLシチュエーションは
やっぱりちょっと男の私には辛い(;´▽`A``
前述の「妄想少女オタク系」や、「801ちゃん」のようなヒロインの行き過ぎた妄想を
ギャグにするタイプなら読みやすかったんでしょうけれど…

とはいえ、二人の美少年に挟まれて、本来美少女のハズの桜子が
そこかしこでデフォルメ顔で描かれるのは逆に素直に可愛くて好き。
それからBLもののオヤクソクなシチュエーションみたいなものがふんだんに出てくるので
この辺に素直に萌えられる人か、コメディとして受け取れれば
意外と最後まで一気に読み切れて楽しめると思いますよ。


宇野紗菜さんのblog → enjoy mother
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
ブログパーツ