So-net無料ブログ作成
検索選択

はつきあい [恋愛]


はつきあい 1 (ガンガンコミックスJOKER)

はつきあい 1 (ガンガンコミックスJOKER)

  • 作者: カザマ アヤミ
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2010/08/21
  • メディア: コミック


やった やったぞ やったーーーー!!

半径15センチの世界で 僕と君の息が重なる…
はじめての交際“はつきあい”を描いた恋愛オムニバスストーリー
ふたりつき合いだしたときの 甘酸っぱくて どきどきして ひたすらまぶしい
今回はそんな初々しい恋愛物語をご紹介します

月刊ガンガンJOKERにて連載
著者はガンガンWINGで以前半擬人化猫マンガ
「ちょこっとヒメ」を連載されたカザマアヤミさん
本屋で立ち読みが出来たので ちらっとめくったらズキューン!
と射抜かれたのでお買い上げしました(;´▽`A``

お互い初めて異性と付き合いだした二人の恋愛物語
主に男の子側の視点で 相手はナニを考えているのかな
下手なことして嫌われはしないかと そわそわ ドキドキ 
おっかなびっくり彼女とおつきあいをしていく様子が描かれます
最後には 実は女の子の方も すました顔をしていたけれど
同じこと考えてドキドキしていたんだね
と判ったときのカタルシス そこにつながる物語の構成が実に巧いんです

例えば第一話の「ユルライン(前・後編)」では
空気のように一緒にいるのがなんとなく当たり前になっている和馬と由香の物語
お互いの嫌いな食べ物を交換したり
二人でいても平気で由香はクロスワードパズルに夢中になっちゃったりする
そんな「近すぎて異性って感じじゃないなー」みたいな空気がある由香に
ある日和馬は「恋人として付き合おう!」と言い出します
まあ…なんとなく いいよ?と特に熱の無い感じで由香に言われた和馬は
それでも大はしゃぎして「恋人っぽいことやろうぜ!」と
由香に渋々ながら 後で家に電話することを承諾させます
img436.jpg
ケータイを持たない今時珍しい由香に 家族の目を気にしながらかける電話
軽い気持ちで 由香に「好きだぜ」と囁いてみた和馬は
ためらいながら返ってきた由香の「好き」の一言で ドキーーー!!とするわけです
相手の表情が見えない電話だからこそ聞けた
ポーカーフェイスだった彼女から垣間見えた本心
それは一気に和馬に「好きあっている」ことを自覚させ
それから和馬は由香を強く意識せずにはいられなくなるのです
img437.jpg

そんな感じで 何らかのきっかけで相手の本心が見られた瞬間
そこまでのドキドキ感をあおる話運び
どれも思わず 叫びだしたくなるような 甘酸っぱ~い物語が秀逸です 
幕間のはみだしマンガで 著者のカザマさんとアシスタントさん達が
そんな和馬を「青春ねー」 とクスクス笑いあってる様子が載っている
そんなド直球な恋愛マンガ
学校から初めて一緒に下校するお話では 相手の気持ちが確かめられた男の子が
また明日~と彼女と別れた後 たまらなくなって叫びながら町を走り出したりして
うひゃー! て感じでした


カザマアヤミ氏のHP → ザマログ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
ブログパーツ