So-net無料ブログ作成
検索選択

flat [ハートフル]


flat (1) (BLADE COMICS)

flat (1) (BLADE COMICS)

  • 作者: 青桐 ナツ
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2008/09/10
  • メディア: コミック


たったひとことだってもらえば 人って思った以上に簡単に報われるもんよー?

嫌なことは極力避ける
良く言えば超マイペース、悪く言えば超わがまま。
そんな高校生・平介が、5歳児の従弟・秋の面倒を見ることになった。
面倒を嫌う平介の懸念をよそに、秋は表面上はきちんとしていて、
わがままも言わない手のかからない子。
しかし秋の本当の姿は、とても忍耐強く、一喜一憂がすぐに態度に出る性格だった…

コミックブレイドアヴァルスにて連載。
以前から知ってはいたタイトルだったのですが、
「マイガール」「うさぎドロップ」はたまた先日ご紹介した「たいようのいえ」などの
いわゆる「ある日突然大人の主人公のところに身寄りの無い子供が転がり込む」
パターンの男の子版かなあと、微妙に重い話が多いのでパスしていました。
しかしTwitterで読まれていた方からそういう話ではないと伺ったので興味が湧き、読んでみました。
すると主人公の平介はマイペースだが一人っ子でごく普通の高校生だし、
幼児の秋君も愛情を持った両親がいて、主人公の家に預けられたのは単に
両親が仕事で忙しくて家に一人っきりになるから、という実に身近なもので、
私の懸念は見事杞憂に終わったのでした。
お話の起伏から言うと、秋君を取り巻く環境に問題が無い分非常にゆったりとしています。

平介が秋君の相手をするのは、学校から帰ってきてから
秋君の両親が迎えに来るまでの僅かな時間です。
しかし平介は、この間はもちろん学校にいる間中も、秋君のことから目が離せなくなってしまうのです。
それは秋君が何故か自分のことを慕ってくれていることと、
もどかしいほどに自己主張をしてこないところにあります。
例え父親に自分の楽しみにしている特撮番組のチャンネルを変えられても、
結局何も言えずに、ぐっとガマンしてしまうその性格。
でもそれは「肩を落とす」という形容がピッタリなくらいガックリとした姿となって表れます。
別の時には何かお願い事をしたいんだけど言い出せなくて、平介の近くで「もじもじ」したりして、
隠し切れない胸のうちが正直に表れてしまう秋君が滅茶苦茶可愛いんですよ~。

img508.jpg
こういった性格の秋君は、普段他人の気持ちに割と頓着しなかった平介には非常に難解な相手でした。
自分が放った何気ない一言に何も言わないものの、見るからに落ち込んでしまったり、
自分がしてあげた簡単なことで、秋君の表情が花が咲いたようにぱあっと明るくなったりする。
そんな秋君の姿に惹かれつつも、無闇に自分をガラリと変えてしまおうとするのではなくて
持ち前のマイペースと折り合いをつけながら、不器用なトライアンドエラーを繰り返して
成長していく姿が見所です。

平介と秋君の周囲の人々も接し方はそれぞれですが、基本皆二人に好意的で、
特に平介の親友の鈴木君と佐藤君は秋君とも分け隔てなく接する面倒見のよさが
カッコいいんですよね~ 高校生とは思えないくらい大人なんですよ。
そして何より鈍感で、マイペースな平介が見落としている秋君からのサインを
歯に衣着せない遠慮の無さでバシバシ平介にツッコんでくるところも気持ちいい。

その他にも平介を好きになってしまった、これまたマイペースな女の子とか、
平介のいい加減さに反発するキャラも出てきて、
平介とは性格は違いますが、同じように「他人との距離」に悩む姿が描かれています。

「私はあなたを気にかけていますよ」というサインを送ること。
それは大仰なことではなく ただ一言相手を思いやる声をかけるだけだったりする。
とても些細だけれど、とても大切なことだと、秋君は教えてくれている気がします。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
ブログパーツ