So-net無料ブログ作成
検索選択

ドリフターズ [アクション]


ドリフターズ 1巻 (ヤングキングコミックス)

ドリフターズ 1巻 (ヤングキングコミックス)

  • 作者: 平野 耕太
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2010/07/07
  • メディア: コミック


首おいてけ なあ
大将首だ!! 大将首だろう!? なあ大将首だろおまえ


時は西暦1600年 天下分け目の関が原―
島津豊久は西軍劣勢の状況下 敵陣突破の撤退戦の最中にいた!
敬愛する叔父・義弘の代わりとなって 敵将を撃ち落し 見事撤退させた豊久
自らも深手を負って 死屍累々たる戦場痕を独り彷徨った彼は
突如見慣れぬ石の回廊に足を踏み入れていた―!

ヤングキングアワーズにて連載
不死の王アーカードと無敵の吸血鬼となったナチスドイツとの
化け物バトルを描いた「ヘルシング」の作者・平野耕太氏の新作です

猛り狂った 狂気のような雄たけびをあげながら
バサッバサッと爽快に斬りかかる狂戦士どもの化け物バトルを描く
その方面では人気の高いマンガ家さんで
今回のドリフターズも存分に化け物バトルが楽しめます

壮絶な烏頭坂の撤退戦から 豊久が次に目を覚ましたのは
エルフやドワーフ 竜や魔法使いが存在するまるでファンタジーの「異世界」
そして瀕死の彼を介抱したのは 18年前に本能寺にて焼死したはずの第六天魔王・織田信長と
源平合戦の際に活躍した歴史上の弓の名手・那須の与一だった…

こんな感じで 歴史上の古今東西の有名人たちが年代問わずファンタジーの世界に
ぽいぽいっと投げ込まれて敵味方になって超人的なバトルを繰り広げる
という趣旨のマンガのようです
他にも1巻ではじじい姿で罵りあいの子供の喧嘩をするハンニバルとその好敵手・スキピオや
馬車から銃を乱射して敵を撃ちまくるビリー・ザ・キッド
果ては第二次世界大戦の零戦乗りが出現してドラゴンを撃ち落すなんて
もう 魔女の釜みたいなごった煮状態!
ファンタジーの住人達はそんな彼らを「漂流物(ドリフターズ)」と呼んでいるようです

img310.jpg
敵側の「黒王」なる悪の軍団にも超有名な歴史上の人物達がいて
これがまた異能の者どもで 雑魚をひと撫でするだけで殺戮しまくるという
平野耕太氏お得意の 「ズパッ」 という血飛沫もカッコイイ キレのあるアクションと
「ぞる・・」 というおどろおどろしいシーンに歌劇のような大仰なセリフがあちこちで
存分に描かれていきます

まずは敵側 ヒーロー側双方の異世界の者達の顔見世的な内容でした
次巻から異世界の者同士のバトルが描かれるのでしょうか
ヘルシングに続いてまたまたキレのあるキレたヤツラの殺し合いが見られそうで期待しています!

平野耕太氏のblog → 平野耕太ブログ 派遣村にもっと土粥を
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
ブログパーツ