So-net無料ブログ作成

C SCENE (武富智短編集) [ハートフル]


C SCENE (武富智短編集) (愛蔵版コミックス)

C SCENE (武富智短編集) (愛蔵版コミックス)

  • 作者: 武富 智
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2011/02/18
  • メディア: コミック


ちゃんとあきらめろや!

いや~ うまいなあ!
「EVIL HEART」の武富智さんの「A SCENE」「B SCENE」に続く短編集
「C SCENE」が発売されました。
青春、とか 人生、とか 括ってしまうとありきたりなんですけれど、
迷い惑ってる主人公たちの心の動きをこれほどダイナミックに描ける人は
そうはいないんじゃないかと。

スーパージャンプにて連載。描き下ろし1話を加えた全7話。1巻。
30ページ前後、時には20ページに満たない読みきり短編で
ここまで濃密な心の機微を描ききれることに驚きます。
「EVIL HEART」の時はわけもわからず津波のように押し寄せる感動で
わやくちゃになっているような感じになっていたのですが、
短編集で1編1編、間を置いて読める形になったことで、
そのお話作りの巧さがより感じられるのです。

最初の印象的な掴みのシーン、
コメディで笑いを交えながら軽快に転がしていく展開のシーン、
そして温まっていたその空気の中に ヒヤリと差し込む転換点、
最後に一瞬停止した時が戻るように、ふわりと着地するハッピーエンド。
特にシーンの性格上アタリマエなんですけど、
転換のシーンの印象付けの巧さは特筆ものです。
物語の1編である「SUPER HEROINE」なんて
18ページのマンガなのに見開きがあるんですよ!?
2ページを1シーンのために消費する、この思い切りの良さ!
息を呑むとはこのことです。
このシーンが主人公にとってどれだけ印象深く、
大きな存在なのか理解させる重要な見開きです。
そして転換のシーンで大きな緊張・ストレスを感じさせた後で
主人公達の中の何かが変わった涙だったり、雄叫びだったりに
強烈に心を持ってかれるんです。

img824.jpg

青年誌らしいがっしりした骨格でありながら、
ゴムのように柔らかみを持った肉付けのキャラクターの表情もすごくイイ。
心の傷がチクリとして、思わず顔を歪ませる表情ひとつとっても
片眉をしかめるものから、ぎゅっと目を閉じて唇を噛んで耐えるようなものまで、
それぞれのキャラクターがそれまで歩んできた人生が一人ひとり違うように、
痛みを持った主人公たちのしかめっ面も一人一人違う、この表現力は本当いいです。
浦沢直樹さんの描く老人の表情に、瑞々しさを加えたような印象を受けました(;´▽`A``

私自身 「A SCENE」も「B SCENE」も未読ですが、これだけで読めると思います。
この人の作品が小学館ではなく集英社で出るんだなあ。
そういわれれば猛々しさは確かに「らしい」わ。
間違いなくお薦めですよ~


武富智さんのblog → SNAMAN
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 3

まるたけ

C SCENEで検索して遊びに来ましたー

ほんとにいい作品ですよね。
見開きの使い方なんて、まったく気づきませんでした^^; するどい視点ですね^^

「スウィート10ショット」、私も好きです。
ひどい男なのになぜ続いているのか、ってカップルもいますが、なんとなく理由が分かったような^^

つい気持ちを共有したくて書いてしまいました。
失礼しましたー
by まるたけ (2011-04-28 10:35) 

meriesan

おお、同士ですね~ヽ(‘ ∇‘ )ノ
お褒め頂いて恐縮です。この回は衝動ですらすら書けたのですがうまく伝わってるか不安だっただけに同じく読まれた方からのコメントに小躍りしております。

トラックバックからまるたけさんの記事も拝見しました。
>この作者は人間の弱さをちゃんとわかっていて、
>その弱さを「許す」ことができる「強さ」を持ってる。
になるほど納得です。
著者さんの人となりを類推される深い読み方が出来るようになりたいなと思いました。コメントありがとうございました。
by meriesan (2011-04-29 08:40) 

まるたけ

こちらこそ、ご覧いただいて恐縮です〜!
こちらの記事を読ませていただいてブログを書こうと思ったので、私なんて全然です^^

>それぞれのキャラクターがそれまで歩んできた人生が一人ひとり違うように、
>痛みを持った主人公たちのしかめっ面も一人一人違う、この表現力は本当いいです。
ってところ、ほんとに同感でした。ごまかさずに、あえて難しい表情をしっかり描こうとしてるところがいいですよね〜。

この作者さん、EVIL HEARTもそうですが、かなり書き下ろしてるんですよね? 内容も含めてクオリティに妥協しないできっちり書いてる姿勢にも好感が持てました。

また遊びにこさせていただきますー
by まるたけ (2011-04-30 01:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

ブログパーツ