So-net無料ブログ作成
検索選択

ボクと魔女の時間 [コメディ]


ボクと魔女の時間 1 (ジャンプコミックス)

ボクと魔女の時間 1 (ジャンプコミックス)

  • 作者: アラカワ シン
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2011/09/02
  • メディア: コミック


その1億貯まるまでさ 私の下について働いてもらう事で手を打とうと思ってんだケド
どう?すごく条件良いと思うんだケド?


今日のオレはウルトラスーパーラッキーデイ!
毎朝欠かさず観る占いがこれ以上ないってくらいの良い運勢を約束した。
確かにオレはツいていた。
お茶をいれれば茶柱は立つわ、卵を割ったら黄身が二つでるわ、
変態と罵る妹の声を華麗にスルーし、ラッキーアイテムの「白のパンツ」を借り受けた今日のオレは、
正に死んでも生き返るくらいに無敵!
…と意気揚々と家を飛び出した直後、オレはあっさり車に撥ねられた。
次に気がついたとき、オレは見知らぬ地下室のベッドで目が覚め、
“魔女”と呼ばれるいけすかない女・白雨に出会う。
彼女の力によって文字通り死にかけたところを生き返ったオレ。
しかしそのオレの身体は…!

ジャンプスクエアにて連載。
占い大好き高校生・綴エンジが、超ラッキーと占われたその日に車に撥ねられ
近所では“魔女”と呼ばれる白雨によって脳みそを新たな身体に移植されて復活し、
その際の借金の返済のために彼女の手がける「裏生物(クリス)」と呼ばれる
化け物がらみのトラブルを解決する仕事をするハメになるお話。
…と、あらすじを言えばこんな感じです。

言葉にすればいかにも少年誌的な筋で実際そうなのですが、
金になるとして裏社会の人間達が「裏生物(クリス)」をつけ狙ったり、
強力な裏生物が人間を襲ったりといったシリアスめな筋の上を
漫才みたいなボケとツッコミを繰り返しながら“魔女”の施した手術によって
でたらめなパワーを持つことになったエンジと、手術や裏生物に関する知識は凄腕だが
形容詞的に「マッドな」とか「計算高い」とか「Sっ娘な」とかが頭に付きそうな、
見た目は少女の白雨がコメディチックに解決していくというスラップスティックな物語になっています。

img496.jpg

突然車に撥ねられて、目覚めたらこれまた突然強力な回復力とパワーを持った
身体になってしまったエンジ。
彼は白雨の軽く理不尽なものもままある命令に従って、裏生物に関する依頼をこなしていきます。
しかし自分の不注意で死にかけはしたものの、気がついたら勝手にいらん機能の付いた
身体に移植されて1億もの借金を背負わされた挙句、荒事になると白雨に絶妙のタイミングで
防弾チョッキ代わりにされたりと、よく考えると理不尽なメにあってるんですけど、
意外と前向きに依頼をこなそうとして適応していきます。
時には敵対する相手に下半身まる出しでやたら男らしい啖呵をきったりするところが痛カッコイイ!

img495.jpg

更に話の中盤で登場する自分の特殊な能力に懊悩する少女・マリも、
彼女に初対面の初っ端でセクハラ発言を浴びせるエンジの悪友も、
なんというか、それぞれにどこか一本ネジがトンだ性格の変態だったり、
能力が変な方向に発動してタイヘンヘンタイなことになってしまったり、
(CLANNADに出て来る春原みたいな)何かというと散々なメに遭わされる
役回りのキャラクターがいたりと、コメディとシリアスがいい感じに混ざり合って
最後で軽く笑いにもって行って直前のシリアスな流れの緊張を緩和させつつ、
ところどころで置かれた伏線を気にさせながら終わるバランスが良い感じです。
幕間に挿入されているおまけ四コマや、作中に出てきた生物・サブキャラ紹介も
なにげに面白いですよ。特にマリの義理の兄・姉の裏設定が…w


アラカワシンさんのblog → ヨリブロ
ジャンプSQ第2回コミックグランプリ準佳作作品 → FELIS

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
ブログパーツ