So-net無料ブログ作成

A SCENE (武富智短編集) [青春/自分探し]


A SCENE (武富智短編集) (ヤングジャンプコミックス愛蔵版)

A SCENE (武富智短編集) (ヤングジャンプコミックス愛蔵版)

  • 作者: 武富 智
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/03/20
  • メディア: コミック


なんて日だよ…

バカだ
バカだね
バカでしょ?(;´▽`A``

そんな男たちが出てくる短編集A SCENEのご紹介です。
武富さんの描く主人公はなんと不器用な人たちばかりなのだろうか。
でもそのバカが付くほど真っ直ぐな姿が羨ましい5つの物語。
ご紹介してまいりましょう。

週刊ヤングジャンプにて連載。全1巻。
以前ご紹介したC SCENEに先駆けること8年。2003年初版の作品です。
A SCENEと同時にB SCENEも発売になったようなのですが、
今日本屋で見かけたのはこちらだけだったのでお買い上げ。
AとBでは作品のカラーが違うらしく、Aはライトなお話が集められ、
Bにはシリアスものを集めたのだそうです。

さて、そんなライト路線の作品が集まったA SCENEですが、
やはりお話は全体を通してコメディ色が強く出ています。
特にホレた女性のために一途になっちゃうおバカなキャラの多いこと(;´▽`A``
カリオストロの城か、ラピュタか…そこまでピュアでないのもありますが、
端から見たら滑稽でありながら、その真っ直ぐさに羨ましくて涙が出ちゃうんですよ。

初っ端の「WAFFLE(はーと)BUNNY」は、甘いものが吐き気がするほど嫌いな男の子が、
毎日のようにワッフル屋さんに足繁く通って無理やりワッフルを食べまくって
点数カードを集めてもらえるランチボックスを、好きなコのために手に入れようとする話。
あまりにムリムリな状態で食べ続ける様子に心底呆れたような表情の店員のお姉さんに
「好きなコのために何かするのって何か夢中になるよ」と言い放つ彼は、
毎日毎日雨の日も風の日も涙や鼻水たらしながらもワッフルを押し込み、点数を集め続ける。
そしてそんな様子を時に呆れたように、時に心配そうに眺めるお姉さん。
なんたって男の子のこの一所懸命さですよ。
マズそうに食べているのを指摘されれば、無理やりにでも笑顔を作って美味しそうに
食べてみせるそのやせ我慢の笑顔ですよ。

img135.jpg

次の「喜 悔しい影ノ介」は他と毛色が違って、これもまたいいんですが、
3話目の「3ペイジ」は幼馴染3人組の青春モノで、土下座しながらヒロインの親に
懇願しつつも娘さんへの恋心を告白しちゃう、笑っちゃうんだけどじいんときちゃう
クライマックスシーンが見所。
「アイニーデュ」はアホな二人の男がヒロインを取り合ってゲームするコメディモノで
これはもう落としどころとしては満足な小品。
そして最後の「あきらとめぐり会って」は、食い詰めた末に
食い逃げするつもりで入った定食屋で出会った、今の定食屋のおばちゃんの
若かりしマドンナ然とした写真に一目惚れした男の話。
何度もその機会があるにも関わらずその度に別のトラブルが定食屋に起きて
舞い戻ってしまう彼。
良いお話しの流れで最後に待ってる最後の一笑いが、定食に付いてる漬物みたいに
さっぱりした印象を与えてくれるんですよ。

img136.jpg

一途で不器用でバカで、だからこそ清清しい。
純粋に気持ち良いヤツらの短編集でした。


武富智さんのblog → SNAMAN
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ