So-net無料ブログ作成
検索選択
特集もの ブログトップ

狭くて浅いやつらに出演しました!4 [特集もの]


フランケン・ふらん 1 (チャンピオンREDコミックス)

フランケン・ふらん 1 (チャンピオンREDコミックス)

  • 作者: 木々津 克久
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: コミック


光栄なことに4度
サワダシンヤさんのサブカル系Podcast「狭くて浅いやつら」にお呼ばれしてきました。ヽ(‘ ∇‘ )ノ
今回は「フランケン・ふらん」の回と「アーサー・ピューティーは夜の魔女」「ヘレンesp」の回の二本立て。
いわゆる木々津克久さんの作品について、まとまった意見はサワダさんにお任せし、私は相変わらず散漫な感想を好き勝手にくっちゃべってきましたよ。

一番ボリュームの多いふらんをメインにして、アーサー・ピューティーとヘレンはネタの性格上あえてぼんやりとまとめてお話しています。だから一応ふらんの方が本編になると思います。でもどれも面白いので是非読むがいいですよ。
いやあ…人面瘡ともやりあったブラックジャックの秋田書店で、ふらんのような医療ものホラーコメディが出ちゃうとは、天国の手塚先生もびっくりでしょうねえw なんなら是非木々津先生にBJをリメイクして頂けないかなあ…なんて思ったりしますね。

狭くて浅いやつら #125 「フランケン・ふらん」
狭くて浅いやつら #126 「アーサー・ピューティーは夜の魔女」

【関連エントリー】
 ・フランケン・ふらん
 ・アーサー・ピューティーは夜の魔女
 ・ヘレンesp

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

狭くて浅いやつらに出演しました!3 [特集もの]

サワダシンヤさんのサブカル系Podcast「狭くて浅いやつらに」三度お呼ばれして参りました~
今回は新川直司さんの「さよならフットボール」と、
ちょっとだけ「四月は君の嘘」についても触れています。
こちらでも微力ながら2010年の私的マンガランキング等で大プッシュした作品でございます!

第二次性徴を迎え徐々に絶望的に開いていく男女の体格の差…
誰よりも激しくひたむきにサッカーと向きあう女の子・恩田希が
男子サッカーに立ち向かっていくキラキラした青春ストーリー!
まだ読んでない方は書店へGoだ!
もちろん「四月は君の嘘」も一緒にね!


狭くて浅いやつら #115「さよならフットボール」

エキサイトに掲載された新川直司さんのインタビュー
 → 足りないのはLOVEとヤンキー『四月は君の嘘』新川直司インタビュー前編

【関連エントリー】
 ・さよならフットボール
 ・マンガランキング2010
 ・四月は君の嘘 (月刊少年マガジン掲載第1話)
 ・四月は君の嘘 (単行本レビュー)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

狭くて浅いやつらに出演しました!2 [特集もの]

なんと再びサワダシンヤさんに声をかけて頂いて
サブカル系Podcastの「狭くて浅いやつら」に出演しましたよ!
今回は押切蓮介さんの「ハイスコアガール」「ピコピコ少年」について
1990年代のあの頃…ゲーセンやファミコン、PCエンジンに夢中になった世代を直撃する
ノスタルジーと恋…とか、夢…とか溢れる物語!
更にせまあさ同様に私が愛聴させて頂いている
「KOGI×SADA MIX」「いつまでも無題」のサダキヨさんもいらしてお話をさせて頂きました。

…しかしなんか緊張して予め書きだしたメモの内容もすっかりトんでしまい、
私は半ば空気と化しております(^_^;) もっとノリノリで喋れよ、自分!
あんなことやこんなことも言えればなあと今なら思えるのですが、
こればっかりは経験値を地道に上げていくしかないですかね~
そんなこんなでご用とお急ぎでない方はさらっとお聴きくださいませませ

狭くて浅いやつら #113「ハイスコアガール/ピコピコ少年」
 →サワダシンヤさんによるサブカル系Podcast
KOGI×SADA MIX
 → こぎさん サダキヨさん なかじまさんの漫画アニメゲーム音楽時事ネタ中心Podcast
いつまでも無題
 →サダキヨさん えふさん によるマンガ系Podcast
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

狭くて浅いやつらに出演しました! [特集もの]

サブカル系ポッドキャスト「狭くて浅いやつら」に、なんと100回放送突破記念のゲストの一人としてお呼ばれしてきました~ヽ(‘ ∇‘ )ノ
いつかポッドキャスト的なことをしてみたいとぼんやり思っていたら、まさか人様の番組に出させてもらえるとは!
しかも私が毎回拝聴している番組にですよ~ 緊張したけど嬉しかった。(;´▽`A``

テーマは「インターネット上で表現活動する僕ら」
ということで、パーソナリティのサワダさんはポッドキャスト、私はこのブログを通して自分の好きなものを配信するという活動についてお互いに常々思っていることなどをお話してます。
よろしければどうぞ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

はいからさんの世界 [特集もの]

大正浪漫と洒落込みませう

今回はいつものマンガを一冊ご紹介する形式を変えまして、テーマに沿った私のお気に入りのマンガを複数冊ご紹介してみようと思います。
テーマは「はいからさんの世界」

はいからさんといえば大正時代、そして大正浪漫であります。
今年は奇しくも大正100年にあたる年だそうで、ネットで検索してみるとそれを祝すイベントなどもあちこちで開催されているようです。わずか15年ほどの短い、けれど驚くほど激しく人々の文化や生活様式が変化していった時代で、物質的なところでは現代でも作り続けられている有名な「カルピス」や「森永ミルクキャラメル」の発売、宝塚唱歌隊(現・宝塚歌劇団)の結成、ラジオ放送の開始、文化住宅と呼ばれる建築の和洋折衷化…
帝都・東京では和装・洋装の人々が行き交い、人力車も馬車も自動車も路面電車もいっしょくたに走っている新旧が入り乱れた近代との過渡期でもありました。
文化的なところでは明治から続く西洋化を背景に「大正デモクラシー」による平等思想、とりわけ「女は親の決められた男のもとに嫁ぎ、男を立てて家を守るべし」というのが常識であったそれまでの慣習に異を唱え、お見合いではなく恋愛による結婚「自由恋愛」や、男と同じように家を飛び出して働く「職業婦人」になることを求めていった女性が主役の時代でもありました。そしてそういったそれまでの慣習に囚われない、革新的な思考や身なりをした人々を「はいからさん」と呼んでいたのだそうです。
今回はその「はいからさん」的思考を持った女性達の物語を5作ご紹介してまいります。



続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
特集もの ブログトップ
ブログパーツ