So-net無料ブログ作成

ロボ娘のアーキテクチャ [ギャグ]


ロボ娘のアーキテクチャ  ① (バンブーコミックス)

ロボ娘のアーキテクチャ  ① (バンブーコミックス)

  • 作者: 山東 ユカ
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2011/03/26
  • メディア: コミック


パパ!!私がプレゼントだよ  そして 養育費を下さい

私 江草なゆたには年の離れた姉がいる。
ちょっと変わり者の姉の伊知子は、何をとっても「普通」な私とは違って昔から何でもできる人だった。
勉強もスポーツも…会社だって当然一流企業に就職した。
そんな姉がある日突然実家に戻ってきた。
会社を辞め、一人暮らしのマンションも引き払って帰って来たという彼女の傍らには…
どこか冷めた目をした見慣れない女の子が立っていた。
「これからはこの子がいろいろ手伝うわ」
そう言って姉が紹介した女の子はクォークと言った。
「働ける限り働くよ! どんどん命令して欲しいんだよ」
セリフはやる気まんまんだが、表情筋に乏しいクォーク。
見た目もせいぜい小学校高学年くらいの愛らしい少女の彼女は、
なんと姉の働いていた某おもちゃ会社の創ったロボットなのだそうだ。
その開発費9億…! 9億だからクォーク…!
そんな巨費を湯水の如く注ぎ込んで完成した、動く貴重品である彼女にできることは、
今のところ目覚まし時計と、買い物時のスケジューラと録画予約のリモコン代わり、
そして姉のズレた感覚によって時折出てくるシニカルなセリフくらいだった…。

月刊まんがライフMOMOにて連載。
今回も私は初めて拝見する山東ユカさんという方の4コマ漫画をご紹介します。
まるで人間のように受け答えでき、一見人間の少女と見間違えてしまうようなクォーク。
そんな彼女が、自分の開発者である自己中心的でマイペースな伊知子のプログラムの影響で
妙にシニカルで気のヌけた会話劇を繰り広げる漫画となっています。

なんだろうなあ、最初はそれほど面白いとは思わず、何故か姉・伊知子が眼帯をしているのも
なんか無理やりなキャラデザインに感じてイマイチピンとこなかったのですが、
読み進めてみるとクォークの乏しい表情と、
その口から繰り出されるセリフとのギャップが異様に面白い!
あえてクォークに、漫画に出てくるロボならアタリマエに有している「感情」を持たせず、
TPOに応じて微妙に変化する表情と、伊知子のインプットによる
珍妙なセリフ回しが笑っちゃうんですよね。

img956.jpg

小マメにバージョンアップする度、9億もしたのに「無洗米でご飯が炊けるようにうになった」だのという
究極超人あ~るのR・田中一郎くらいしか喜ばなさそうなスキルを身に着けて帰ってきたりする
しょっぱいところも、伊知子が辞めた(と本人は思い込んでいた)おもちゃ会社の上司や
後輩が軒並み眼帯を付けて、互いに相手の心が傷つくことすら配慮しない歯に衣着せぬやりとりも
いい感じです。
伊知子はイメージ的に、魔神ぐり子さん似かもしれません(;´▽`A``

img957.jpg

1話と1話の間で突然場面転換があって、何度か「あれ?ページを読み飛ばした?」
と前のページに戻ってしまうような違和感はありましたが、
それも「読み飛ばしたら勿体無い」という気持ちゆえ。
天然でボケまくるロボ娘の物語は、なかなかやりよりますよ~


山東ユカさんのサークルのHP → カエルの沼

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ