So-net無料ブログ作成
検索選択

あんごろもあちゃんの地球侵略にっき [ギャグ]


あんごろもあちゃんの地球侵略にっき (ねとらんBOOK)

あんごろもあちゃんの地球侵略にっき (ねとらんBOOK)

  • 作者: 今井 神
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2004/01/20
  • メディア: コミック


こわいよこわいよ~

1999年七の月 天から恐怖の大王が降りてくる
アンゴルモアの大王をよみがえらせるために
その前後マルスは幸せのうちに世界を統治するだろう―


2003年からウルトラジャンプ誌上で異能力バトルマンガ「NEEDLESS」を連載中の今井神さん。
その今井さんがNEEDLESS連載前の2001年~当時Webサイト「CGオンライン」に連載し、
ネット上で話題になったWebコミックが今回ご紹介する作品です。
デフォルメされた可愛らしいキャラクター、ボケ倒し&パワフルなギャグで
楽しくパソコン系の用語を解説しちゃうというコンセプトのマンガ、
今井神さんといえば私はコレ!なのでございます。

CGオンラインにて連載。全1巻。
名前のモデルは言わずもがなのノストラダムスの予言に出てくる「恐怖の大王」なのですが、
主人公は頭をお団子にして口におしゃぶりをくわえたょぅι゛ょの姿の異星人。語尾は「~でちゅ」
諸説はあるものの予言された1999年に恐怖の大王がやってくることもなく、
平和のうちに過ぎてしまったことに「なあんだ」みたいなある種の余韻のような雰囲気が
当時あったように記憶しています。
そんな遅れてやってきた恐怖の大王?あんごろもあちゃん(何故か部長)が、
地球侵略の足固めとして「人間のことを調査する」として主にパソコン系の用語を
たこ型星人たごさく(ヒラ)と共に調べるという内容。毎回1ページ、単行本では掲載当時と同じく
フルカラーで収録されています。

舞台はUFO内で、あんごろもあと たごさくの会話で進行します。
お話は毎回同じパターンを踏襲していて
たごさくがお題になる用語を使って話をフる
→ それを別のものと勘違いしたあんごろもあちゃんがボケて たごさくにツっこまれる
→ 一言多いツっこみに殴られたらしい たごさくが たんこぶをつけながら用語を説明する
→ 説明を聞いたあんごろもあちゃんが得体の知れないバケモノのようなものを想像してしまい
  「こわいよ こわいよ~」と言いながら宇宙船の隅で頭を抱えながらお漏らしする というもの。
ページの下部には「たごさくのひとこと解説」というきちんとした解りやすい用語解説が付いていて
その辺のフォローもバッチリです。

img028.jpg

例えば 『モバイル』を解説した回では
→たごさく 「(モバイルとは)『どこへでも移動することの出来る通信手段』の事ですよ」
→もあ (黒電話に一つ目と蟹のような脚が付いて走り回るクリーチャーを想像する)
→「こわいよこわいよ~(じょー)」
というような、解りやすいようにざっくりと置き換えた たごさくの例えを勘違いしてみたり、

『コピペ』のことを 「コピー=複製」 「ペースト=練り物」
→増殖する練り物状の物体(ドロドロしたスライム)を想像する
→「こわいよこわいよ~(じょー)」
と単語ごとに区切って誤訳して怖いものを想像してしまったりと、
毎回 もあちゃんの豪快な誤解(曲解)ぷりが面白いんですよ。

最初は二人の掛け合いで進行して、第22話からはもあちゃんの姉の
「マルス専務」が登場し、冷徹さで もあちゃんの恐怖の対象となっている彼女が
度々厳しくテストしにやってきたり、
もあちゃんのライバルとして登場する紫髪のお嬢様然としたょぅι゛ょ ポーネロロンと
執事風のイカ型宇宙人ヒスターが登場して、似た者同士のボケツッコミ合戦が繰り広げられます。

img029.jpg

CGオンライン内での連載は
初代「あんごろもあちゃんの地球侵略にっき」が2001年9月~2002年12月までの全47話で完結。
その後2003年1月~2月にポーネロロンを主役にしておもちゃ・ホビー系の用語を解説した
「ぽ~ねろろんちゃんの地球征服にっき」を6話連載して完結。
そして2003年3月からは再びパソコン系の用語を解説するスタイルの
「あんごろもあちゃんの地球侵略にっきZ」が開始されましたが、
「NEEDLESS」や「かたつむりちゃん」の連載開始で多忙になったために
同人誌的扱いだった あんごろもあちゃんの物語は30話の時点で休止しています。
その他にも2002年~2003年に今井さんが同人誌で「外伝」として
いつもの1ページマンガではなく、ストーリーものとして描かれた話が外伝3まで発行され、
その一部がこの本にも収録されています。
某メ○モちゃんのドロップで成長したもあちゃんやロロンちゃんが出てきたり
本編では怖い上司という印象のマルスが、意外とヌケている部分を見せてくれたり
キャラクター総登場のスラップスティックな展開。

パソコン用語がメインなので、若干今読むと古い用語や時事ネタも出てきたりはしますが、
それもまた懐かしさと共に読める良作です。
古本では比較的手に入れやすいコミックだと思いますので、
興味が湧きましたら是非読んでみてください。


今井神さんのHP → Imaikami's Official Website
今井神さんの別記事 → 呪力戦隊リクワイヤー!!
同人によるあんごろもあちゃんのアニメーション → ニコニコ動画
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ