So-net無料ブログ作成
検索選択

あぶない!ルナ先生 [コメディ]


あぶないルナ先生 復刻版 (エース・ファイブ・コミックス)

あぶないルナ先生 復刻版 (エース・ファイブ・コミックス)

  • 作者: 上村 純子
  • 出版社/メーカー: 松文館
  • 発売日: 2000/06
  • メディア: コミック


い いや~~ん

オレ 神谷わたる サッカー大好きな中一だ!
そして なんとオレんちには新任教師で担任のルナ先生が下宿してるんだぜ!
しかも勉強嫌いのオレのために、ルナ先生はいつも色っぽい姿で
すごく恥ずかしそうにちょっとエッチな個人授業をしてくれるんだ。
もー オレは毎回ドッキドキ。
ルナ先生の授業でなら、勉強も悪くない…かな?

1986年、マガジンSPECIALにて連載。全1巻。
いやー… 採りあげちゃいました(;´▽`A``
今回は私の無垢な(エロ)少年時代の聖書と言っても良い作品をご紹介します。
この作品は上村純子さんのデビュー作であり、今で言うエロコメというべきジャンルのもので、
今30代~40代あたりの方であれば、思い入れのある方も少なくないんじゃないかなあと思います。

お話としては、中学1年生でちょっとエッチな少年・神谷わたる君の家に、
なぜか居候している 若くて綺麗でナイスバディでその上 生真面目な性格の
熱心な新任の数学教師・ルナ先生がちょっとエッチな個人授業をしちゃう、というもの。
生真面目でエロ?とお思いの方もいらっしゃると思いますが、清純なルナ先生が
えっちな個人授業をするのには動機がありまして、
例えば落ちこぼれ気味のわたる君にルナ先生が勉強を薦めるのですが、
「あー勉強なんてかったるいなあ~」 などと言われると
勉強なんてしない → 落第 → 人生の落伍者 → 犯罪者 → 死刑Σ(T□T)
というものすごいネガティブ思考に陥り、「私が何とかしなければ!」と奮起するのです。
そして普通の授業では全然やる気を出さないわたる君のために、ルナ先生は一計を案じ、
その色っぽい身体のキワドイところに問題を書いたり、あえてボディタッチをさせながら
「これをクリアしたら次のところも見せてあ・げ・る☆」と
ベッドの上で、お風呂場で、果てはカナヅチのわたる君に水泳を教える回にはラブホに誘ったりと、
様々な手段でわたる君を誘惑しながら勉強させることになるのです! マーベラス!!
そしてエッチなわたる君はルナ先生の身体を張った授業のお陰で
スラスラと勉強ができるようになったりして一件落着、と毎回そんな感じで終わります。

img643.jpg
面白どころはまず、わたる君の何気ないネガティブワードからルナ先生が想像する、
必ず結論が「死刑」とか「死亡」とかに繋がる悲観的なわたる君の将来図でしょうか。
今読み返してもこの思考はないわ、というか。
そして勝手に想像してその哀しい未来に泣き出してしまい、
「どうすればいいの…」と途方に暮れて 「…ハッ! あの方法でなら…!」
となるこの一連の流れがもうね…イイんですよ(;´▽`A``

そしてエッチな個人授業中、恥じらいながらも一所懸命誘惑する
ルナ先生の艶姿を見たわたる君が
「色っぺ~~~!!」と叫んで目をハートにしたり、
うっかりすべった掌がルナ先生の胸を鷲づかみにしようものなら
「でええ~~~!!」と叫びながら目が飛び出したりする、
わたる君の非常に正直な反応が実にイイw

更に自分の誘惑にわたる君がかぶりつき状態になったり、予想外のトラブルで
大事なところが見えてしまいそうになると、自分が誘ったにもかかわらず
「いや~~ん!」
と顔を真っ赤にして恥らう姿がたまりません。( ー`дー´)キリッ
もうね、次々エスカレートしていくエッチなハプニングのたびに
わたるの「でぇ~~!!」 と ルナ先生の「いやぁ~~ん!」なシーンが
今読み返してもすごくドキドキするし、おかしいんですよ!

img644.jpg
著者の上村さんはこの「あぶない!ルナ先生」を5回ほど描いた後、
わたる君の家族構成や、ルナ先生の設定を若干変更した「いけない!ルナ先生」を連載。
そして次回作となる「1+2=パラダイス」の連載中に、'90年の有害コミック問題の槍玉に挙げられ
出荷停止および絶版の憂き目に遭うことになります。
エッチなマンガと言っても上村先生自身、中高生くらいの読者向けに描いたものなので
せいぜい乳首が見えて手が触れたり、手で隠されたりしながらアソコが
見えそうになったりする程度で、露骨な性描写が無い分今のエロコミに比べれば
随分大人しいと思えるものです。
後に松文館から復刻版が出た際は「いけない!ルナ先生」は「成人指定」され、
上村さんがその復刻版コミックの中で大いに憤ってらしたのが印象に残っています。
「時代」…なんでしょうねえ。(;´▽`A``

その後、上村さんの作品として私が知る限りでは'96年に
女の子と身体が入れ替わって、一目惚れの菜々ちゃんに急接近する
「菜々ちゃんは俺のもの」が単行本化されたのを最後に
作品を拝見することはなくなってしまいました。
またどこかで新作を拝見したいなあ、と切望しないではいられません。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 2

KAI

懐かしいですねー、ルナ先生!
成人指定されたことで変に有名になってしまった感がありますが、
そんなに過激な表現は無かったはずなんですけどね・・・。
エッチな授業も、愛情と優しさから出た行動ですし。

「東京都青少年健全育成条例」が問題になっている現在、
歴史は繰り返すことになってしまうのでしょうか。

by KAI (2010-12-11 08:51) 

meriesan

個人的にはジャンプの「やるっきゃ騎士」に対するマガジンの「ルナ先生」の2台巨頭wみたいな印象でした。
東京都の件はまさに悪夢再びという感じで受け止めています。どうなっちゃうんでしょうね…(;´▽`A``
by meriesan (2010-12-11 15:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
ブログパーツ