So-net無料ブログ作成
検索選択

ぼくの体はツーアウト [コメディ]


ぼくの体はツーアウト 1 (愛蔵版コミックス)

ぼくの体はツーアウト 1 (愛蔵版コミックス)

  • 作者: よしたに
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2011/05/20
  • メディア: コミック


「できるだけ努力せずに健康になる!」 「志低いな」

いやー よしたにさんが「健康」をテーマにした本を出すとは意外でしたわ(失礼)
30代・独身・彼女なし。昼はSE、夜は漫画家という二足の草鞋を履く よしたにさん。
「ぼく、オタリーマン。」でオタクな社会人である自身の日常を時に自虐的に、
時に開き直り気味に描いて今や数本の連載を持つ氏が、今回は自身の健康を見直し、
様々な健康に関わるクリニックやらグッズやらを試しまくるという、
オタクのオタクによるオタクのための体当たり企画。
健康診断で医者に何を言われても馬耳東風な私でも、これは試してみようかなと思える
実用的な情報が所々にありつつ、いつものよしたに節も炸裂するマンガとなっております。

ビジネスジャンプにて連載。
なにげに雑誌連載では初めての作品になるそうです。

30代―
それはそれまでの若さみなぎる世代を過ぎて、色々と脂の乗ってくる世代…
毎晩徹夜続きでネトゲをしても仕事がこなせるムチャもしづらくなる体力の衰え、
好きなものを好きなだけ食べて飲んでも概ね健康でいた体は、
30の声を聴くころには色々と意図的に健康でいようと努力しなければならなくなる
時期に入っていきます。
20代の頃と同じ暴飲暴食をし、健康診断では毎回再検査の呼び出しをくらうも行っていない、
と豪語(?)する、そのヘタレさが相変わらず清清しい よしたにさん。
そして今回もよしたにさんといえば…という存在の、中経出版の担当編集・源さんをツッコミ役に
(この本の出版社は集英社なんですが(;´▽`A``)、
人間ドックで自分の身体の現状に愕然としたり、肥満や喫煙に関する専門の外来を受診してみたり、
マッサージにコーヒーエネマ、健康的な睡眠に関わるサロンや自分専用の枕作り、
更には簡単ヘルシーな料理を教わったりと、その体験記はしち面倒くさい専門用語は極力省き、
低カロリー料理本を買ってもカロリーの計算すら出来ずに投げ出してしまうくらい
健康に対する意識が決定的に不足している私と同じ目線に立ったお話で興味深いのです。

img143.jpg

…あ。とはいっても、必ずしも「ここに行ったからみるみる健康になったよ!」という本ではありません。
あくまでも「健康に関するこれをやってみたらこういう感じだったよ」という体験記ですので、
そのあたりはお断り申し上げておきます(;´▽`A``

中でもコーヒーエネマ(コーヒーによる腸洗浄…いわゆる浣腸)のお話は
自分もたいがいこういうの好きだなと呆れもしますが、やっぱり衝撃的で
会社から帰って来たよしたにさんが、毎夜キットを使ってセルフで敏感スポットに
工夫しながらコーヒーを詰め込む姿がもう…
数段飛ばしで大人か何かの階段を昇っちゃった感がたまりません。(;´▽`A``

img144.jpg

あとは「食べるのをガマンするのではなくて、むしろ野菜を増やす」という食生活を提言する
管理栄養士さんの手軽さが売りの料理とかは、健康に対する情報弱者である私には
なにげにタメになったし、真似して作ってみようかと思える大雑把さが良かったです。
2巻以降も続くようなので、これらを経てよしたにさんは健康に近づいていくのか行かないのか、
楽しみに待とうと思います。


よしたにさんのblog → よしたにの「大宇宙ひとりぼっち」
よしたにさんのインタビュー記事(オタリーマン中心の話題ですが、よしたにさんの人となりが存分に出ている記事だと思ったので…) → ダブルキャリア列伝
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
ブログパーツ