So-net無料ブログ作成

2011年10月に読んだマンガの感想 [読書メーターから]

10月の読書メーターに投稿したマンガの感想まとめです。
所々穴が目立ちます(;´▽`A``
なんかのご参考になれば~

10月の読書メーター
読んだ本の数:61冊
読んだページ数:6225ページ
ナイス数:32ナイス

日本をゆっくり走ってみたよ(2) (アクションコミックス)日本をゆっくり走ってみたよ(2) (アクションコミックス)
あー終わってしまった。親しみやすい吉本さんのお人柄でいいダシでてるなあってかんじ。巻末のEさんとの対談は後日談として素晴らしい。うははーいやー気持ちの良いマンガでした!
読了日:10月29日 著者:吉本 浩二

預言者ピッピ(2)預言者ピッピ(2)
読了日:10月26日 著者:地下沢 中也

預言者ピッピ (1)預言者ピッピ (1)
読了日:10月26日 著者:地下沢 中也

ちはやふる(12) (Be・Loveコミックス)ちはやふる(12) (Be・Loveコミックス)
読了日:10月26日 著者:末次 由紀

大正モダンから戦後まで (ビジュアル版 日本の歴史を見る)大正モダンから戦後まで (ビジュアル版 日本の歴史を見る)
大正浪漫に浸りたくて読んでみました。大正期から戦後まで幅広くカバーされ、ヴィジュアルが豊富でタメになる。当時大衆で流行した風俗とか流行歌のタイトルも列挙されていて気になるキーワードが幾つか見つかりました。
読了日:10月25日 著者:尾崎秀樹 ほか

ニート女と小学2年生 (MFコミックス フラッパーシリーズ)ニート女と小学2年生 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
読了日:10月24日 著者:志水アキ

鉄男 THE BULLET MAN (ビームコミックス)鉄男 THE BULLET MAN (ビームコミックス)
読了日:10月23日 著者:塚本晋也,深谷 陽

深海魚深海魚
読了日:10月23日 著者:勝又 進

おいしい学び夜(1) (モーニングKC)おいしい学び夜(1) (モーニングKC)
巨乳おねーさんがたがボロボロ出てきた時はどうかと思ったけど、意外ときちんと授業風景も描かれつつ覚束ない手つきでわいのわいのと実習する姿が面白かった。
読了日:10月23日 著者:大井 昌和

外天楼 (KCデラックス)外天楼 (KCデラックス)
コメディ調でありながら話の構造の手の込みようはスゴイ。けどお話として見た場合深みのようなものは感じられなかった。具体的にはラストの雰囲気がとてもいいだけに姉弟にもう少しスポットあてて欲しかったかなとか思う。とはいえなかなかみられるものではないのは確か。
読了日:10月23日 著者:石黒 正数

じゃりテン(1) (アフタヌーンKC)じゃりテン(1) (アフタヌーンKC)
書店を舞台にしたあるあるものかなと期待したけど、特に書店の知識もなくて書けそうな微妙なギャグ漫画…だなあ(^_^;)
読了日:10月23日 著者:赤井 吟行

GIANT KILLING(21) (モーニングKC)GIANT KILLING(21) (モーニングKC)
読了日:10月23日 著者:ツジトモ

オールラウンダー廻(7) (イブニングKC)オールラウンダー廻(7) (イブニングKC)
読了日:10月23日 著者:遠藤 浩輝

現代の図書館 2009年 12月号 [雑誌]現代の図書館 2009年 12月号 [雑誌]
読了日:10月22日 著者:

図書館雑誌 2009年 07月号 [雑誌]図書館雑誌 2009年 07月号 [雑誌]
読了日:10月22日 著者:

図書館雑誌 2010年 05月号 [雑誌]図書館雑誌 2010年 05月号 [雑誌]
読了日:10月22日 著者:

図書館のプロが教える“調べるコツ”―誰でも使えるレファレンス・サービス事例集図書館のプロが教える“調べるコツ”―誰でも使えるレファレンス・サービス事例集
読了日:10月21日 著者:浅野 高史,かながわレファレンス探検隊

永遠の! 1 (少年サンデーコミックス)永遠の! 1 (少年サンデーコミックス)
帯の「お風呂にする?ごはんにする?それとも…」が面白くて読んでみたけど読みきれず断念。
読了日:10月21日 著者:夏川 結真

サマーQ-天野センパイの“忘れられない”夏休み- (月刊マガジンコミックス)サマーQ-天野センパイの“忘れられない”夏休み- (月刊マガジンコミックス)
駆け抜けた感じですね、やっぱり全1巻だと。正直もうちょっと長くやって欲しかった。高校生クイズを勝ち抜くテクニックとか心理状態とかもっとじっくり描いて欲しかった。最後の一つ前の問題が最後の問題の感動を薄めてしまった感じもあって全体的にはふーんで終わっちゃいました(;´▽`A``
読了日:10月21日 著者:千尋

ヘルプマン!(16) (イブニングKC)ヘルプマン!(16) (イブニングKC)
読了日:10月21日 著者:くさか 里樹

ヘルプマン!(15) (イブニングKC)ヘルプマン!(15) (イブニングKC)
読了日:10月21日 著者:くさか 里樹

アド・アストラ 1 ─スキピオとハンニバル─ (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)アド・アストラ 1 ─スキピオとハンニバル─ (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)
奢る大国・ローマに牙を剥くカルタゴの勇士ハンニバルの物語。塩野七生の世界がここに…!細かいところは分からないけど、小物とか武装だとか象兵だとか良く調べてあるんだろうなあという雰囲気がある。ただ個人的にはスキピオの登場が早すぎる気がした。確かにハンニバルはローマ人の執政官ですら「まさか」という奇策であっと言わせるが、ラオウ的ポジションにしたいならまずは誰も敵わない!っぷりをもっと見せ付けて欲しかった。こう…ハンニバルの巧者ぷりを読める人間がいると常にブレーキかけられている感じがしたのが勿体無い。
読了日:10月20日 著者:カガノミハチ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN (22)  ひかる宇宙編・後   (角川コミックス・エース 80-26)機動戦士ガンダム THE ORIGIN (22)  ひかる宇宙編・後   (角川コミックス・エース 80-26)
読了日:10月20日 著者:安彦 良和

夜明けの図書館 (ジュールコミックス)夜明けの図書館 (ジュールコミックス)
面白かったのでブログで紹介しましたヽ(‘ ∇‘ )ノ http://comic-twitter.blog.so-net.ne.jp/yoakeno
読了日:10月18日 著者:埜納 タオ

ひみつのアッコちゃん 完全版 1ひみつのアッコちゃん 完全版 1
読了日:10月17日 著者:赤塚 不二夫

グルタ島日記 (ビームコミックス)グルタ島日記 (ビームコミックス)
独特な設定があるのだけどそれに関する説明が少なく、序盤は何をやっているのか、やろうとしているのか良くわからないまま進む。ただ島の景色は実に細かく描かれているので、それでなんとなく雰囲気を掴むことができ、それとなく察することはできる。悪くはない、けどもう少しモノローグで補完して欲しかったかなあ。
読了日:10月16日 著者:だいらくまさひこ

姉は傍にいまし、世はなべてこともなし(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))姉は傍にいまし、世はなべてこともなし(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))
ただひたすらに弟にべったりする姉と、なんだかんだで世話を焼いてしまう弟のお話。んーなんだろう微妙に萌えない気が…なんかこう、飽くまでも子供の頃の「結婚の約束」的感覚のままの二人だからなのかな。男女として意識したらそれはそれでアレなんだけれど、なんかドキドキ感が足りない気がするね。どういう感覚を読者に与えたいのか今一分からないお話だったかなあと。
読了日:10月13日 著者:清末 邦彦

花と星 (1) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)花と星 (1) (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)
涼しい顔して何もかも自分の上を行く存在。逃げようと思ったら、何の天のいたずらか、彼女の最も近い場所に…いやあ、苦痛だろうな。この二人が近づくにはやはり完璧すぎる相手に自分の付け入る隙を見つける必要があると思うのだが、早々にそれを披露してくっつけちゃうのではなく1巻通してみっちり鬱屈した想いを抱えさせる流れは結構ホネがあっていいかも。
読了日:10月13日 著者:鈴菌 カリオ

鉄楽レトラ 1 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)鉄楽レトラ 1 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
卑怯で陰湿で実力も無いのにプライドばかり高い。自分でも自分が嫌になる主人公。ああ、あるある…(;´▽`A`` かなり思い切って斬りこんできた性格付けだと思う。ゲームのようにリセットの利かない人生、彼は変わることができるのだろうか。非常に興味深い。
読了日:10月13日 著者:佐原 ミズ

寿司ガール 1 (BUNCH COMICS)寿司ガール 1 (BUNCH COMICS)
寿司屋で出逢った頭に寿司ネタ載せた寿司ガール。生きづらさを抱える女性たちを元気付けたり、小ばかにしたり泣いてくれたり…いつも近くで自分に寄り添ってくれる寿司ガールとの物語。どれもこれも生活が豊かになったりするわけじゃないけれど、主人公の誰もが幸せになる物語で好きです。
読了日:10月13日 著者:安田 弘之

ドリフターズ 2巻 (ヤングキングコミックス)ドリフターズ 2巻 (ヤングキングコミックス)
読了日:10月13日 著者:平野 耕太

摩訶ソサエティ(1) (ワイドKC)摩訶ソサエティ(1) (ワイドKC)
悪ノリ加減は嫌いじゃない。でもなんかノリきれない感じがもにょる。私向きのマンガじゃなかったかもしれない(;´▽`A``
読了日:10月12日 著者:ミキマキ

ハルコの晴れの日(1) (まんがタイムコミックス)ハルコの晴れの日(1) (まんがタイムコミックス)
社会人向けの雑誌に掲載されていたマンガなのかな?惚れっぽいヒロインの先の見える軽薄さに嘆息しつつも、それを見守る先輩のあたたかい眼差しのお陰でこの作品は最終的には印象の良い作品だと思いました。かえって派遣先の誰かとハッピーエンドになったらダメみたいな雰囲気になっているのは星里さんの持ち味なのかな、そこはちょっと惜しい気もするけれど。
読了日:10月11日 著者:星里 もちる

東京自転車少女。(1)【ドラマCD付初回限定版】(アース・スターコミックス)東京自転車少女。(1)【ドラマCD付初回限定版】(アース・スターコミックス)
自転車で遠乗り…じゃなくて、町中をぶらりするマンガ? それならオシャチャリでなくてもいいんではと思わなくは無く…。ふらりと知らない路地に入って意外なものを発見する楽しみを描くのは嫌いじゃないけど、お話に少しはドラマチックな演出がほしいとか思った。特に最後の開けた風景に出逢う前数ページはタメがほしかった。
読了日:10月11日 著者:わだぺん

water cube(1) (アース・スターコミックス)water cube(1) (アース・スターコミックス)
原作、脚本、作画が別のリメイク作品なんですね。女子の水着に異常な執着を抱く優等生の少年が女装して水球部に入ることになる物語。高校入りたての未熟な少年が煙草吸ってやさぐれてるアンバランスさがなんか良い。
読了日:10月10日 著者:河 一權,中澤泉汰

福耳☆美ブラザーズ (KCx ITAN)福耳☆美ブラザーズ (KCx ITAN)
イケメンたちばかりの耳かきサロン…さぞかしぁゃιぃ悦楽の園が展開されるかと思いきや、まともに耳かきするのは主人公だけで後は耳のツボ押しが特技だとかお祓いが特技だとかもう舞台の意味がさっぱり意味無いドタバタギャグもの。最初は良かったんだけど、もこもこヘアになってからはもう…ギャグでもいいけどもっと耳かきについて描いてほしかった。
読了日:10月10日 著者:南国 ばなな

へうげもの(13) (モーニングKC)へうげもの(13) (モーニングKC)
いよいよ大合戦の舞台が整ってきましたねえ。今回は諸将間でのモノのやりとりの多いこと…! 政治的なもの、決意を見せるもの、モノは口ほどにものを言う。改めてシヴカッコイイマンガだなあ
読了日:10月10日 著者:山田 芳裕

とりあえず地球が滅びる前に 1 (フラワーコミックス)とりあえず地球が滅びる前に 1 (フラワーコミックス)
いいね。バスケの表紙なのに、まるまる一冊ゆる~い青春とちぐはぐな彼氏の話。これが面白い!逆にバスケのシーンは皆無と言っていいので練習試合が始まる次巻も楽しみです。
読了日:10月08日 著者:ねむ ようこ

ダテンシダブリエル (シリウスコミックス)ダテンシダブリエル (シリウスコミックス)
タイトル買いしてみました。絵は悪くないんですがお話の行方があっちへいったりこっちへ行ったり…結局何がやりたかったんだ!?ラブコメになるかと思えばラブコメではなく、部活ものかと思えばそうー…でもなく。キャラの性格もブレブレでうーん…ザンネン!
読了日:10月07日 著者:じょりーまんま

あかとき星レジデンス (電撃コミックス)あかとき星レジデンス (電撃コミックス)
犬上さんの作品は初めて拝見しました。母星の消滅が近づいて移住先の星を求めてやってきた宇宙人との恋愛物語。派手さとかドラマチックとまでは行かないけれど、自然とページをめくらせる引っ張る力みたいなのを感じます。感動…っていう分けでもないけど、悪くない、みたいな。
読了日:10月06日 著者:犬上 すくね

トモちゃんはすごいブス(1) (アクションコミックス)トモちゃんはすごいブス(1) (アクションコミックス)
お話は平板なんだけど、この平板さがいいんだよね。悲惨な状況でも平板。チコちゃんは自分が可愛そう!て嘆くことなく、かといってガマンしているわけでもなく。「本人が不幸だと思ってないのに読者が可哀想って思うのはどうなのよ?!」とか車谷に言われそうだけど、そう思わされちゃうのが森下さんのマンガの魅力なのかなあ
読了日:10月06日 著者:森下 裕美

ドットインベーダー 1 (ジャンプコミックス)ドットインベーダー 1 (ジャンプコミックス)
可愛い女の子が次々と近づいてくる系マンガ。ヒロインは可愛いしインベーダーに変身しちゃうザンネン設定は面白いんだけど、「下世話」部分に関しては中途半端間は否めない、かなあ…。主人公が性欲に流されなさ過ぎるのが微みょ~んなカンジです。今ひとつはじけたカンジが足りないように感じました。
読了日:10月06日 著者:佐々木 ミノル

なぜ東堂院聖也16歳は彼女が出来ないのか?(1) (ライバルコミックス)なぜ東堂院聖也16歳は彼女が出来ないのか?(1) (ライバルコミックス)
確かにモテキっぽい。…けどルックスも良くて勉強もできて金持ちの息子なのに何故かモテない…ってそりゃないでしょう~?(;´▽`A`` 1巻では今ひとつその理由が感じ取れるほどのエピソードはなかったんじゃないかなあ。慣れれば普通に話せるようになるんだし…そこに説得力を感じられなかったのは残念。
読了日:10月06日 著者:内乃 秋也,茂木 完田

女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ (らんぷの本)女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ (らんぷの本)
読了日:10月06日 著者:

大正ロマン手帖---ノスタルジック&モダンの世界 (らんぷの本)大正ロマン手帖---ノスタルジック&モダンの世界 (らんぷの本)
読了日:10月06日 著者:

花族ワルツ (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)花族ワルツ (1) (バーズコミックス ガールズコレクション)
読了日:10月06日 著者:碧也 ぴんく

椿色バラッド(2) (ブレイドコミックス)椿色バラッド(2) (ブレイドコミックス)
読了日:10月06日 著者:皇ハマオ

椿色バラッド(1) (ブレイドコミックス)椿色バラッド(1) (ブレイドコミックス)
読了日:10月06日 著者:皇ハマオ

大正野球娘。―帝都たこ焼き娘。 (トクマ・ノベルズEdge)大正野球娘。―帝都たこ焼き娘。 (トクマ・ノベルズEdge)
読了日:10月06日 著者:神楽坂 淳

大正野球娘。 5 (リュウコミックス)大正野球娘。 5 (リュウコミックス)
読了日:10月06日 著者:神楽坂 淳,伊藤 伸平

大正野球娘。 4 (リュウコミックス)大正野球娘。 4 (リュウコミックス)
読了日:10月06日 著者:神楽坂 淳

大正野球娘。 3 (リュウコミックス)大正野球娘。 3 (リュウコミックス)
読了日:10月06日 著者:神楽坂 淳,伊藤 伸平

大正野球娘。 2 (リュウコミックス)大正野球娘。 2 (リュウコミックス)
読了日:10月06日 著者:神楽坂 淳,伊藤 伸平

大正野球娘。 (1) (リュウコミックス)大正野球娘。 (1) (リュウコミックス)
読了日:10月06日 著者:神楽坂 淳,伊藤 伸平

幾百星霜(2) (F×COMICS)幾百星霜(2) (F×COMICS)
読了日:10月06日 著者:雁須磨子

幾百星霜 1 (Fx COMICS)幾百星霜 1 (Fx COMICS)
読了日:10月06日 著者:雁 須磨子

大正ガールズ エクスプレス(1) (講談社コミックスキス)大正ガールズ エクスプレス(1) (講談社コミックスキス)
読了日:10月06日 著者:日下 直子

アイアムアヒーロー 7 (ビッグコミックス)アイアムアヒーロー 7 (ビッグコミックス)
相変わらず雰囲気いいなあ。次々とザッピングされるように映される風景が不安に駆られてキョロキョロしている様子をよく表してて殆どのカットを風景画占めても全然飽きない。FPS視点になったりと見せ方に対する凝りようがすごい。
読了日:10月03日 著者:花沢 健吾

天地明察(1) (アフタヌーンKC)天地明察(1) (アフタヌーンKC)
原作未読ですが、出てくる言葉や単位、風習、文化、筆で書かれた文字の姿トーンを殆ど使わないモノトーンな画…総じて雰囲気がとても好み。お話の面白さはお墨付きだし実に先が楽しみです。
読了日:10月03日 著者:槇 えびし

青みゆく雪 1 (ビッグ コミックス)青みゆく雪 1 (ビッグ コミックス)
なんか「中国嫁日記」を彷彿としてしまいました。夫の言葉に怒ってしまった中国嫁のユエさんのセリフに「私が日本語がペラペラじゃなくて良かったネ!」みたいなのがあったけれど、この細かい言葉のニュアンスが伝わらずに本来の彼のパーソナリティとは違って伝わるところが面白いですね。雪子さんの誤解を解こうと青君がもどかしそうに日本語で伝えようとするシーンや、逆に青君が友人の中国人とお国の言葉で喋っているのを傍から聴いている雪子さんの表情が印象的。言葉の壁で互いに微妙なニュアンスが伝わらなくてすれ違いや誤解が生じやすい、ラ
読了日:10月03日 著者:宇仁田 ゆみ

ヘン集女王 1巻 (ヤングキングコミックス)ヘン集女王 1巻 (ヤングキングコミックス)
最近増えてる漫画家マンガを読んでいる向きには物珍しく映るのではないかな、ていうか映ったので買いましたw 自営業の漫画家に対してサラリーマンである編集者の立場の違いが顕著で、やっぱり漫画家マンガよりは会社人寄りの内容になっています。可愛らしい絵柄と侮るなかれ、きちんと編集者の多岐に渡る仕事っぷりや編集者の本音らしいセリフ、そして新人編集者の平戸路ちゃんがメンタル弱すぎる漫画家の卵に四苦八苦する姿なども面白いですよ。
読了日:10月03日 著者:高内 優向


2011年10月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

ブログパーツ